クレジットカードの支払い滞納はヤバい!きちんと対応しよう

MENU

CLOSE

クレジットカードの支払い滞納はヤバい!きちんと対応しよう

軽く見てはいけないクレジットカードの延滞

dedb932173675f6ba5a9c918fbef2230_s

1日でも遅らせてはいけない利用料金の支払い

クレジットカード上手く利用するコツは、利用金額を把握して無理のない支払い範囲内で役立てることです。しかし、引き落とし口座に残高がないのに使いすぎてしまうというケースは少なからず見られます。

クレジットカードの支払いは、1日でも返済日から遅れてしまえば延滞扱いになるのです。短期であれば延滞金が発生しないこともあり、全く問題がないように感じられますが、延滞した事実はカード会社に情報が記録されます。

たとえ遅れながらも毎回返済している場合であっても、信用情報はどんどん傷をついていくことになり、あまりにも頻繁すぎる延滞はクレジットカードの利用停止処置に繋がる恐れもありますから注意が必要です。

新規のクレジットカードが作れなくなる

カード会社の裁量にもよりますが、延滞を繰り返せば最終的に強制解約される場合があります。また、それだけではなく、信用情報に傷がつくことによって、新しくクレジットカードを作ろうと審査を受けても通りづらくなってしまうのが問題です。延滞が61日以上に及んだ場合に、個人信用情報に返済に関するトラブルがあったことが記録されるのがその理由になります。

この情報は最大で5年間残ることになり、この期間はクレジットカードの新規加入だけではなく、ローンの申し込みもしにくくなるというデメリットがあることを知っておかなければなりません。

財産を差し押さえられることもある

返済の意思すら見られず、あまりにもクレジットカードの支払滞納が続いた場合には、カード会社が裁判所に訴えて財産を差し押さえられてしまうことがあります。ただ、この段階になるのはカード会社からの督促通知、電話での確認など、さまざまなアプローチがあってのことです。カードの利用者がいくらお願いしても返済に応じない場合に、最終的な手段として訴えを起こします。

カード会社からの返済のお願いの段階でしっかり行動をして借金返済をしていれば、ここまでの事態には陥りません。しかし、裁判所の督促は法的な効力が非常に強いことから、何も手を打たなければ、所持している財産や給与などを差し押さえられて返済に充てられることになります。

借金の悩みは消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所に無料相談

\オススメ/

借金に関する相談をどこにするか迷っているなら杉山事務所がオススメ!
あなたが抱えている借金に関するお悩みを的確かつ丁寧にアドバイスし、解決へと導きます。

過払い金請求や債務整理の実績も豊富で、過払い金回収額は月5億円を超えています。

⇒杉山事務所の公式サイトを見てみる

借金の悩みは消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所に無料相談

\オススメ/


消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所があなたの借金のお悩みを解決します!

⇒杉山事務所の公式サイトをみる

  1. 0120-066-018
  2. 0120-065-039
  3. 0120-068-027
  4. 0120-069-034
  5. 0120-067-009
  6. 0120-070-146
  7. 0120-131-025
  8. 0120-678-027

返済が難しい場合には債務整理を考えよう

82b08e577a3dd7bbbd9b0ab2a619f62a_s

まずは自力でお金を作ることを考える

カード会社に立て替えてもらっているお金は、返済日に必ず返さなければなりません。引き落とし日までにお金が用意できずに延滞してしまった場合にも、諦めずにまずはお金を作れるように努力をしてください。コツとしては血縁者に借りる、物を売ってお金に換えるなど、延滞金が負担にならないように時間をかけず、なるべくすぐに用意できる方法を選択することです。

それでも難しければ、債務整理を考慮してください。

任意整理や個人再生など選択肢がある債務整理

借金返済に困ったら、法の専門家を頼って債務整理を行うことをおすすめします。任意整理や個人再生、自己破産といった複数の方法の中から、相談をしてベストな方法を選択するのが問題解決のコツです。

たとえば、任意整理ではそれほど借金額は減らせないことから、返済が滞っている金額が大きければ計画的な返済も難しいでしょう。その場合には、元金が大きく減らせる個人再生をおすすめされます。安定した収入を得ていることなど条件がありますが、自己破産をして財産を手放さなくてもお金を返していける方法です。

  • 督促のストップ
  • 借金返済額の減額
  • 過払い金調査
  • 書類作成の代行

など、債務整理をお願いすればさまざまなメリットがあります。

クレジットカードを利用する際には、くれぐれも慎重な使い方を意識することが大切ですが、万が一の事態が起こった際には逃げても何も解決をしません。お金が用意できなければ積極的に債務整理を行い、前向きに返済に取り組むようにしてください。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧