過払い金請求を行うのは代理人?自分?両者の比較まとめ

MENU

CLOSE

過払い金請求を行うのは代理人?自分?両者の比較まとめ

過払い金請求は自分でも請求が出来る

cd7598445245e893e5c7326b88db5732_s

過払い金請求は弁護士や司法書士といった代理人に依頼するものである。そう思っている方は多く、代理人に依頼せず自分でも出来る事を告げるとえっ?と驚く事も少なくありません。実際に過払い金請求を自身で行う方はおられます。

また借金解決の際に、過払い金請求を行う事も平行に債務整理も進める事もあります。実際の債務整理の場面でも、現在の債権額だけでなく金利の計算や滞納した延滞金も含めて債務総額を算出する必要がある為そこで過払い金が発生している事が判明する事も多々あります。

特にしたたかな債務者の方の場合は「まず過払い金請求を自身で行う、それで満足のいく結果が得られれば債務整理をせずに借金の減額を狙う。もし過払い金が少ない、あるいは交渉が芳しくない場合は、弁護士に相談して自己破産を行う方向で行く」といった方もおられるほどです。

そこで今回は過払い金請求を自身で行う場合と、代理人に依頼する場合。それぞれのメリットやデメリットをまとめました。今後の過払い金請求や債務整理の一考になれば幸いです。

過払い金請求を弁護士や司法書士に依頼する場合

e1943564da8c59c251b0311afac0d519_s

代理人に依頼する最大のメリットは自分で処理しなくて良いこと

過払い金請求はかなり手間のかかる作業です。実際に個人でも代理人でも行う工程は次のようになります

  • 貸金業者に取引履歴の開示を求める。
  • 取引履歴から借金の金利等の計算を行う。
  • 過払い金が発生している事を業者に通達し返金を求める交渉を開始する。
  • 貸金業者と和解が成立したら返金が行われる。借金の元金に充てられる事が多い。

個人で行う場合はこれらの全ての工程を自力で行う必要があります。金利等の計算は、最近は過払い金請求に特化したソフトウェア等もありますがExcelなどの表計算ソフトが多少使える事が必須ですし滞納した借金に対しては、特別な金利や延滞金を設定する業者も存在しますのでややこしくなります。

また貸金業者にとって過払い金請求というのはかなりダメージの大きいもの。その為、取引履歴の開示を遅らせるだけでなく計算方法が当社と違う、算出した過払い金とは少額の和解案を提出される、弁護士などでなければ対応できないとのらりくらりと債務者の対応をかわし続けて、交渉のテーブルにつける事すら困難な状況にもなります。

しかし弁護士や司法書士に依頼した場合は、それらを一気に解消する事が可能です。既に過払い金請求が行われて日が経過している為、代理人のスキルも上昇しており金利の計算や取引履歴の開示など一連の工程もスムーズに進むだけでなく貸金業者と対等に戦える、法律の知識や交渉術を兼ね備えています。貸金の法や交渉術に疎い人向きです。

また過払い金請求に専念できる状況なら問題はありませんが普段仕事で手一杯な人でも代理人が全て処理を進めてくれるので仕事が忙しい人にもオススメと言えるでしょう。

並行して債務整理も検討しているなら尚オススメ

過払い金請求単体で終わらせる事無く、借金の解決に債務整理を検討しているのであれば尚更、代理人に依頼した方が良い事になります。先に述べたように債務整理をする場合は債権額の総額を算出する為に貸金業者から取引履歴の開示から金利の計算といった過払い金請求と同じ工程を踏むためです。

もし過払い金請求で満足のいかない結果に終わってしまった後、債務整理をするならば個人で過払い金請求を行っていた場合は債務整理も自分で行うか、もしくは新たに代理人の選定が必要ですが代理人に債務整理を含めて検討している事を前もって相談してから依頼していた場合はそのまま債務整理に舵を切ってもらえば良いだけの事。切り替えの手間の省力は、大きな利点とも言えるでしょう。

デメリットはやはり費用がかかる事

代理人に依頼する以上、報酬費用はどうしても避けては通れません。実際の報酬費用としては、依頼した金額にプラスして戻ってきた過払い金に対して数%から数十%程度を上乗せして請求される事がほとんどです。自身が払ったお金が満額戻ってこない事に、不満を覚えるかもしれません。

しかし代理人がいたからこそ、自身が対応しなくても過払い金が戻ってきたと言えますし何より戻ってきた過払い金に応じて報酬も上乗せされるインセンティブは過払い金が多ければ多いほど、代理人の気合の入り方など注力の度合いも大きく変わります。デメリットは確かにありますが、それはちゃんとしたメリットとの裏返しなのです。

過払い金請求を自分で行う場合

6ef85ad44014173352dfe00d62885b98_s

自分で行う最大のメリットは代理人への報酬費用が不要である事

逆に過払い金請求を自分で行う場合は、代理人への報酬分は一切合切不要です。代理人への報酬額の数十万円に戻ってきた過払い金の一部に及ぶ事も考えるとそれらが丸々浮くと考えれば、自分で行う事のメリットも存在します。

また過払い金に対して一定の割合を報酬として上乗せする報酬形式を代理人が多く採用している以上過払い金が多ければ多いほど、代理人に支払う報酬額は増大します。その為、確実に多額の過払い金が発生している事が分かっている場合は自分で行った方が最終的に得る利益を大きくなります。

自分で行う場合のデメリットは全て対応しなければならないこと

先の過払い金返還の工程を全て行わなければならない。これが過払い金請求を自身で行う最大のデメリットです。どうしても貸金業者の提案する和解案や交渉が決裂してしまった場合には裁判所で裁判をおこす必要がありますが、その諸々の手続きも自身で行う必要があるのです。

個人で行う場合は代理人への報酬額と引き換えに求められる要素は多く

  • 貸金に関する法律に熟知している事
  • 貸金業者との交渉に対して互角に応じられるほど駆け引きに強い事
  • 仮に裁判になったとしても対応できる精神的、時間的余裕がある事

などが最低限求められます。更に言うならば相手は貸金の法を知り尽くしたプロフェッショナル。多少ネットの知識を齧った程度の生半な知識では相手になりません。そういった意味でも、個人で行うハードルはかなり高めに設定されているといっても過言ではないでしょう。

文書のやり取りが必須な事も注意が必要

自身で行う場合は、電話での交渉は勿論行われますが言った言っていないの水掛け論を防ぐ意味でも文書のやり取りは行われます。その為、自宅に貸金業者から文書が届く事になりますので家族に借金のある事を秘密にしておきたい人にはバレてしまうリスクもあります。

既に借金の事を相談済み、過払い金請求をしている事が周知な場合は問題ありませんが一応頭の隅に入れておいた方が良いでしょう。

どちらを取るかは自身の貸金業の知識や交渉術と要相談

2bdbd18feac7a37be0fa2096c511e577_s

以上の内容を踏まえると過払い金請求を個人で行う、代理人に依頼して行う場合はおおよそ以下の傾向になります。

個人で行う場合

代理人への報酬費用は不要だが、貸金業の法を知り、交渉術に長けている等上級者向き。とにかく代理人にお金を払うのは嫌!全額自身の手で取り返す人にオススメ!

代理人に依頼する場合

報酬費用はどうしてもかかってしまうが、プロが応対してくれるので貸金の法に疎い人向き。また普段仕事が忙しい、平行して債務整理を行う事を検討している場合は特にオススメ。貸金業に熟知した一般の方というのは少数派ですので、やはり自身ではなく代理人に依頼する方が主流となります。

ですが浮いた報酬分が丸々入ってくる自身で行う場合のメリットも無視できません。債務者本人の知識や交渉術に自信があるのであれば、が大きな判断の分かれ目になるでしょう。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧