債務整理を出来ない人の借金完済方法。それは基本中の基本だった

MENU

CLOSE

債務整理を出来ない人の借金完済方法。それは基本中の基本だった

債務整理が出来ない人はどうするべきか?

a9107bbd3425131e5a177bd2da5f4d12_s

どうしても債務整理が出来ない事情の人がいる

「毎月の給料の半分以上が借金の返済で消えてしまう。電気代が払えず滞納した結果止められてしまい、食事もまともに摂れなくなってきた…」もしこのような方が借金の返済について相談してきたら、あなたはどうアドバイスしますか?

「そのような状態では返済するなんて無理だ。自己破産をして借金をゼロにするべきだ」と、借金を解決する為に債務整理をオススメする方もおられるでしょう。しかし世の中には債務整理をしたくても出来ないという方もおられます。債務整理が何故出来ないのか?その理由と、債務整理が出来ない人が借金を解決するにはどうするべきか考えていきましょう。

債務整理が出来ない人とはどんな人?

債務整理が出来ない人は一体どういった理由で債務整理が出来ないのか?債務整理にかかる費用を捻出できない経済的な理由を抱えている方もおられますし借金や借金にまつわる事が原因のトラブルで肉体的、精神的に大きなダメージを負ってしまい日常生活をおくる事すら難しい方もおられます。

しかしそのような理由であれば、解決方法はまだ簡単な方です。債務整理にかかる諸費用の問題は、周囲の人に相談して援助を受ける手もありますし周囲の人間の援助が期待できない場合は、法テラスの民事法律扶助制度を利用する手もあります。

疾病の治療中ということであれば、弁護士に相談して債務整理を依頼した後は自身は体調の回復に専念する事も可能だからです。ですが、健康で仕事をしているが莫大な借金がある。そのような人でも債務整理を出来ない、諦めざるをえない人は次の理由が大半です。

債務整理を諦める最大の理由は別の人に借金の請求が行ってしまう

債務整理をするデメリットには次の物があります。「債務者本人が債務整理で借金が圧縮、減額、あるいは免責による棒引きの対象になった場合債務者が設定した保証人に請求が行く」これが債務整理を断念せざるをえない大きな理由となっています。

債務整理は確かに債務者本人を救う制度ですが、保証人は対象外です。貸金業者は債務整理によって回収できなかった借金を、そのまま保証人に請求の矛先を変えるだけにとどまらず滞納分も含めて一括で全額返済を求める事も珍しくありません。

その結果、債務者のみならず保証人とダブルで債務整理となる事もあります。老いた両親や結婚を機に別の家の人間となった兄弟が、借金の保証人になっているのは珍しくありません。「家族に負担を、自分の借金の尻拭いをさせる訳にはいかない…」悪い言い方をすると保証人が人質となってしまっている為に、債務整理を諦めざるをえない人もいるのです。

債務整理せずに解決するには収入の増加が近道

b5a8e56d341cbdfaf87a627cb8684b20_s

債務整理による借金返済を諦めざるをえない場合、やるべき事はただ一つ

  • 収入を増やしつつ、支出を減らす事

この一点に早急に取り組まなくてはなりません。

債務整理をしなくてはならない状況というのはざっくり言ってしまえば収入に対して、借金の支払額が極端に多すぎる状況です。そのような状況ならば、単純に収入を増やして借金の支払額とのバランスを釣り合うようにすれば借金の解決に大きく前進するでしょう。

実際に収入を増やす手段としては、現在の仕事の昇給がすぐに期待できるのであれば問題ありません。しかし昇給が期待できない人が早急に、かつ確実に収入を増加させるにはやはり本業以外に何らかの副業を始めた方が良いでしょう。

幸いにも現代は正社員でも副業を認める会社はありますし、元々不安定なフリーターであれば逆に正社員と違って気軽に副業に手を出せると言えます。

副業の仕事も週末限定でアルバイトする、休日がバラバラでも日雇いの単発派遣に参加する以外にもインターネットの普及でWEB上からライターやデザイナーの仕事を請け負う事も可能となっています。副業を始める敷居は一昔前に比べて大きく下がったと言えるでしょう。

ただし仮に副業が認められていても税金だけは無視できない壁となります。副業で稼ぐのであれば特に税金関連の勉強は必須となります。

大きい支出も見直してみよう

303f31ca997db2ec862274c603641375_s

収入の増加と並行して支出も見直す必要があります。月々の生活費の内、家賃や税金や保険料といった固定費は除いてカットできる支出はどんどんカットしていき最終的に収入の増加と併せて家計に余裕を持たせるのが最終目標です。

支出を抑える時はまず通信費から見直すべし

支出を抑える時には食費や光熱費、水道代など様々な変動費が対象となりますが支出で最も見直すべき点としてよく挙げられるのは通信費。特に携帯電話料金はその筆頭です。例えばスマートフォンのパケット通信の定額料金はかなり高めに設定されています。

格安SIMやMVNO業者に乗り換える。あるいはスマートフォンからガラケーに機種変更する。それ以外にも通信費を抑える手段はたくさんあります。通信費を抑える事は、様々な節約術での王道です。もちろん通信費だけでなく食費や遊興費など、削れる箇所はどんどんコスト削減していきましょう。

実は債務整理で解決できるかも?

8d2e7f51155fb45a7ad8535e8d626f94_s

最後に債務整理で解決できる可能性もある事を述べておきます。債務整理を出来ない人が債務整理で借金を解決するのはおかしな話ですが債務整理には特定の債権者のみ借金の交渉を行う事が出来る任意整理があります。この任意整理を利用して、保証人が設定されている債権は現状維持しつつ保証人が設定されていない借金は、金利カットや返済金額の見直しなどを行い借金の減額を狙うという方法です。

個人再生、自己破産ではこの方法は使えません。その理由は個人再生と自己破産が裁判所を通す必要がある事。また個人再生や自己破産による免責、債務の圧縮の際には債務者の財産を特定の事業者のみに返済することはせず、公平に分配する事が決められている為です。

ただし任意整理で債権額や金利カットを狙うこの方法には3つのデメリットがあります。

  • 債務整理を依頼する場合は弁護士や司法書士に支払う報酬額がかかる
  • 受任通知後の請求の矛先が不透明
  • 債務整理なのでその後は借金が出来ない

この三点です。

まず最も頭を悩ませるのが実際に債権者と交渉し、また金利の計算を行ってくれる弁護士や司法書士といった代理人への報酬費用です。仮に任意整理を行った結果、金利カットや過払い金による借金の減額が出来たとしても代理人への月々の支払いを加味した結果、結局任意整理を行う前と大して変わらなかったとなれば状況が好転したとは言えません。

むしろ債務整理の後に、クレジットカードの発行やローンが組めなくなる等のデメリットを考えるとプラスマイナスゼロでは結局任意整理で損をしたとも言えます。この状況を避ける為には、債権額が少ない業者を対象に交渉しつつ、且つ任意整理なので

弁護士と比較して報酬が安価になる傾向にある司法書士を利用すると良いでしょう。自己破産や個人再生では司法書士は書類作成代理人という立場ですが任意整理の債権額が140万円以下の場合のみ、司法書士は弁護士と同等の動きをする事が可能です。

また債務整理を依頼して受任通知を出した後の債権者の請求がどうなるかが不透明な事にも注意が必要です。代理人との交渉の末、債務整理が終わるまでは保証人への請求を止めてくれる良心的な業者もいるようですが、やはり保証人に請求が行ってしまうケースもあります。

ここは代理人の腕を信じてみるしかありません。自分の力で何ともならないのは非常にやきもきしますが、個人でやるよりはよほど良いでしょう。

まずは周囲に相談と現在の状況を知らせよう

収入の増加や支出のカット、任意整理など債務者本人が打てる方法は幾つかあります。しかしベストなのは身内など周囲の人間が、自身が経済的に困窮しているが債務整理をしたくても出来ない状況にある事を知っていることです。

彼らから援助を受けられる事もありますし、援助出来る余裕が無くても苦しい現状を吐露出来れば、それだけでも精神的に大きく楽になれます。身内とはいえ、借金の事を相談したり口に出したりする事は恥ずかしさの極みかもしれません。

しかし周囲が辛いと知っていれば、何らかのきっかけで解決に向けて大きく前進することもあります。まずは一言、自分の信頼できる人に相談してみませんか?

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧