債務整理の一つ・個人再生とはどんなもの?

MENU

CLOSE

債務整理の一つ・個人再生とはどんなもの?

債務整理の種類と個人再生との比較

f002ae1a08cef216dee5c880bce4c49b_s

個人再生の特徴

個人再生というのは裁判所を通じて行うことができる債務整理の手続きの一つです。返済を滞納してしまっている借金を大幅に減らすことを目的としています。多額の借入、多重債務などで首が回らなくなったかたの借金を整理して生活の再生を図ることからそう呼ばれています。

借金を減らす債務整理には他にも任意整理や自己破産などがありますが、その2つのちょうど中間に当たる手続きが個人再生です。全ての借金を整理するため債務整理の対象を選ぶことができませんが、住宅ローンを残すことができるのが特徴になります。

任意整理との比較

個人再生とは違い、裁判所を通さずに弁護士などを介して債権者に借金減額の相談を持ちかけるのが任意整理です。

  • 借金総額の減額
  • 月々の返済金額
  • 支払期間

こうしたものをあくまでも双方の話し合いでのみ決めることが可能です。個人間でも行うことができますが、第三者である弁護士を代理人に立てることで話し合いもスムーズに進みます。

しかし、過払い金が多ければ難しい手続きなくかなり返済額を減らすことが可能ですが、逆に大きな過払い金が発生しない場合には減らせる借金額が微々たるものです。個人再生に比べるとかなりの少額になります。

自己破産との比較

自己破産は借金額を0にできる債務整理で、最終手段として行う手続きになります。債務者が保有している20万円以上の財産は全て処分されることになり、ローンを払っている最中でも住居も手放さなくてはなりません。

その点借金を帳消しにはできませんが、個人再生は債務整理をしても住宅と住宅ローンを残すことが可能です。払うべき住宅ローンは減額されませんが、住宅を所持したまま債務整理後に残った借金を計画的に返済できる点が便利です。

個人再生でどのくらい借金が減るのか

個人整理をした場合、以下まで減額することが可能です。

  • 住宅ローンを除いた借金総額の5分の1
  • 100万円から500万円未満の借金で100万円

この金額を最低限、3年間かけて返済していく必要があります。なお、100万円以下の借金に関しては全額支払いとなりますので、個人再生ではなく任意整理が適しています。

個人再生にはどういったメリットとデメリットがあるのか

cd7598445245e893e5c7326b88db5732_s

個人再生を選択するメリットについて

個人再生は任意整理と比べて大きく借金額を減らせることと、なおかつ住宅を守ることができるのがメリットになります。返済がかなり楽になりますので生活も安定させることが可能です。

個人再生を行う際のデメリット

債務整理をすることで信用情報に傷が付くため、数年間は新たなローンを組んだりクレジットカードを作ることができなくなります。また、裁判所に申立てを行って手続きしますので、官報という国の機関紙にも個人情報が掲載されることになります。

申立ての条件について

個人再生は誰にでも手続きができるわけではありません。大きく借金が減額できるということはそれだけ債権者に負担がかかるということで、厳しい条件を設けておかなければ多くの貸金業を営んでいる業者が経営破綻してしまうからです。

  • 住宅ローンを除き借入総額が5000万円以下であること
  • 現在、そして今後3年から5年程度安定した収入が見込めること
  • 給与所得がある場合は年間の所得変動が2割以下であること
  • 減額された借金を3年かけて返済できること

前提として支払いの意思があり、安定した収入を確保できることで減額さえすれば完済が可能である人、というのが手続き可能な条件になります。当てはまらない場合は申立てを行うことができず、大きな借金を抱えている場合には自己破産しか道がなくなってしまいますので注意してください。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧