個人再生とは何か?自己破産とは違った債務整理の形

MENU

CLOSE

個人再生とは何か?自己破産とは違った債務整理の形

個人再生は借金を5分の1程度に出来る債務整理の方法

6741885f359f22b515a8c228b4b2d953_s

借金に困った時に頼りになるのが債務整理であり、その中に個人再生と言う方法があります。個人再生の特徴は債務を5分の1から最大10分の1まで減らすことが出来るのが特徴です。また条件が揃えば家や車を手放さなくてもいい事もポイントで、借金が多くても持ち家などがある時に使いたい方法になります。

これは自己破産では土地や自宅、車などの高額な資産は真っ先に処分の対象となるからで、実際に手続きを行うと自由に処分をすること自体が出来なくなるからです。一方で、自宅などの資産がなく、借金の返済が経済的に難しい状態であれば自己破産を選んだ方が良いケースも出てきます。

個人再生を選択するには様々な条件を満たす必要がありますが、その中には安定した収入があることが挙げられます。また、借金の返済は3年が目途になり、特例で5年まで認められるなど、計画的な返済が必要になるのも特徴です。

より制限が軽い物に任意整理が挙げられますが、その分借金の返済額は大幅に減らない等それぞれにメリットとデメリットがあります。そのため、債務整理に詳しい弁護士に相談しながら、自分の資産状況や返済能力を考えながら借金の返済方法を選ぶことが重要になってくるのです。

また、債務整理でポイントになるのが、滞納があったとしても債務整理の手続きを始めた時点で督促や取り立てがストップする点です。これはどのような形で返済するのか、債務を放棄するのかが重要になるためで、中途半端な返済や取り立てが双方に不利益をもたらす可能性があるからです。

複数の金融機関からお金を借りている場合は、返済の取り立てをすること自体が問題視されるケースもあります。金額が多い少ないを問わず、滞納が発生してしまったり、返す目途が立たない場合はまず弁護士に相談し、個人再生など債務整理を考えることが重要なのです。

個人再生の前に過払い金がないか確認した方が良いことも

b379203a5985106be33a29992ce4d63e_s

債務整理をする中で重要になるのが、個人情報の保護です。債務整理の情報は個人のプライバシーに関わる情報のため、厳重に保護されることを理解する必要があります。

そのため、金融機関や弁護士から知る必要のない第三者に情報が漏れたことが判明した場合は、守秘義務の違反であり、訴訟を起こせるほど重い物になることがあるのです。また、仮に債務整理を行ったとしても会社が従業員を解雇する理由にはならないこともポイントです。

解雇をすれば業務と関係がない個人の事情で差別を行ったと言う扱いになり、解雇権の濫用に該当するからです。債務整理を行っても会社にバレることや、仕事や地位を脅かされることはほぼ無いのです。ただし、自己破産を行った場合は警備員など一部の職業に制限がつく場合があり、該当する仕事をしている場合は弁護士とよく相談することも重要になります。

また、債務整理を行う上で必ず確認したいのが過払い金が発生しているかどうかです。これは利息制限法によって払い過ぎた金利分のお金が戻ってくることがあるからで、借金が少なくなることや逆にお金が戻ってくる可能性があるのです。過払い金の請求も弁護士に相談すればスムーズに話が進みやすくなります。

過払い金がなければ任意整理か個人再生、自己破産のどれかを選ぶことになりますが、基本的に借金や資産の規模などを正直に申告すれば最適な方法を弁護士が提案してくれます。これは弁護士の仕事が依頼主の利益を最大にすることにあるからです。

逆に不正確な情報では手続きが進まなくなる場合や、かえって不利益を被る状況になる可能性があることに注意が必要です。まず、信頼できる弁護士を探すためにも無料で相談できる弁護士事務所を探した方が良く、債務整理は話を聞いてからでも遅くはないのです。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧