相談料、着手金etc。めっちゃめっちゃ細い弁護士費用!

MENU

CLOSE

相談料、着手金etc。めっちゃめっちゃ細い弁護士費用!

弁護士費用ってこんなに細いの?

a6ed39365e0581548589801665388e4f_s

債務者にとって強い味方となる債務整理。債務整理すると

  • 滞納による督促がなくなったり
  • 借金が減額できたり
  • あるいは借金を放棄することができたり

メリットがたくさんあります。ですが、その料金を皆さんはどのぐらい理解しているでしょうか?債務整理する時にメインでかかる料金といえば、弁護士費用です。弁護士費用っていくらぐらいかかるのか見当もつきませんよね?

さらに、その仕組みについても分からない人達の方が多いと思います。実際に、債務整理を弁護士に相談すると、弁護士費用が以外のほど細分化されていることに驚くはずです。そこで今回は、弁護士費用の内訳について説明してみたいと思います。

相談料

相談料に関しては、とっている弁護士事務所もあれば、免除している弁護士事務所もあります。なるべく初期費用を抑えた上で債務整理したいならば、相談料を免除してくれる弁護士事務所を探したいところです。

相談料の大まかな相場は30分から1時間で5000円くらいとなっています。弁護士事務所によっては、初回の相談料は無料でも、2回目からは相談料がかかるケースもあるので、事前確認をしっかりしておきたいところです。

着手金

正式な依頼が成立した時に支払うのが着手金です。着手金は、どの債務整理をするかによって変わってきます。だいたい、次に紹介するぐらいの値段です。

  • 任意整理の着手金、、、2万円ぐらい
  • 過払い金請求の着手金、、、2万円ぐらい
  • 個人再生の着手金、、、30万円ぐらい
  • 自己破産の着手金、、、20万円ぐらい

こうして見てみると、個人再生の着手金が一番高いことがわかります。着手金の値段は、弁護士事務所によって開きがありますが、それでも個人再生の着手金が一番高いということに変わりはないでしょう。

着手金に関しては、とっていない弁護士事務所もたまにはあります。また、気をつけておきたいのは悪徳な弁護士業者です。最初の説明になかった着手金を、成功報酬に無断で上乗せしてくる場合がありますから気をつけてください。

成功報酬

滞りなく債務整理を終えることができたら任務は無事成功です。その時に支払うのが成功報酬です。つまり、債務整理がうまくいかなかった場合には、支払わなくてもいいということになります。

個人再生と自己破産はうまくいくことが多いのですが、任意整理と過払い金請求は、業者側から断られてしまうケースもあるので、成功報酬型の方が債務者にとっては助かるかもしれません。大体の成功報酬金額は次のようなものです。

  • 任意整理の成功報酬、、、2万円くらい
  • 過払い金請求の成功報酬、、、2万円ぐらい
  • 個人再生の成功報酬、、、50万円ぐらい
  • 自己破産の成功報酬、、、40万円ぐらい

別の料金体制も存在している

9f9facac4903cbdc381f405a431c796f_s

ここまで紹介してきた料金体制以外にも、さらに細分化している場合があります。そのいくつかを紹介します。

印紙代

印紙代とは、債務整理に必要な書類を作成するときに必要な料金です。

経費

債務整理を弁護士に相談している場合は、弁護士が債務者に代わって債務整理してくれます。その時に、裁判所に通うなどして交通費がかかりますので、そのような雑費が経費に入っています。

過払い報酬

これは、過払い金請求を行った時に登場してくる報酬です。過払い金請求がうまく行った時に、返金された過払い金額の20%くらいを報酬として支払います。

減額報酬

借金の減額に成功したら、減額できた分の10%くらいを減額報酬として支払います。

いかがでしたでしょうか?このように弁護士費用は細かく分かれているのです。したがって、債務者は費用の内容をちゃんと理解しておかなければなりません。正式な依頼をする前に、費用の説明はちゃんとしてもらうようにしましょう。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧