知っておいて損はない!!個人再生のメリットとデメリット

MENU

CLOSE

知っておいて損はない!!個人再生のメリットとデメリット

個人再生とは

3984918d75bbbfa4762d9f7b0044f2ec_s

債務整理は、簡潔に言うと借金を解決するための手続きです。返済の見込みが立たず、現状ではどうしようもないときに行うことが多いです。債務整理は基本的に3つの種類があります。個人再生はそのうちの一つとなります。

個人再生は借金の減額を目的とした手続きになります。裁判所を介して行われ、減額された借金は原則3年で返済していく必要があります。このような手続きが行われる個人再生には、もちろんメリットやデメリットが存在します。

メリット

  • 大幅に減額が可能

個人再生によって、借金額によって最大で10分の1まで減額されたという報告があります。再生するための計画案の内容は、法律で定められていますが、要件を満たすことで大幅に減額が可能になります。現状どれだけ財産を持っているのか、収入はどれほどか、他にもいくつかの要件次第で、どれだけ減額できるかが決まってきます。

  • 住宅を手放す必要がない

個人再生は、破産と違って住宅を残すことが出来ます。ただ、そのためには一定の条件を満たす必要があります。住宅ローンの滞納期間、現在の経済力、住宅ローン以外の再生手続きの状況など、他にも存在する条件がいくつもあります。

一定条件に関してはとても複雑な条件のため、弁護士に相談して決めてもらうことが必要です。ただし、住宅ローンが減額されるわけではありませんので注意してください。

  • 借金の取り立て行為が止まる

これは個人再生だけではありませんが、弁護士等に債務整理を手続きすると取り立て行為が止まります。弁護士の方から、債権者へ受任通知書が送られます。これにより、正当な理由がない限り債務者へ返済の要求が出来なくなります。

弁護士に手続きせず、個人で手続きしても取り立て行為が止まります。ですが、個人で手続きすると、手続きの作業が複雑なため時間がかかってしまう可能性があります。なので、弁護士等に依頼することをお勧めします。

  • 資格が停止することがない

自己破産の場合は、一定期間特定の職業に就くことが出来ませんが、個人再生においてはそのような制限はありません。

  • 借金の理由が問われない

個人再生では、自己破産のような免責不許可事由により借金の理由によって免責が認められないことはありません。どのような理由であっても、個人再生の手続きを行うことが出来ます。

デメリット

  • ブラックリストに載る

どの債務整理でも一緒ですが、手続きを開始すると、個人信用情報機関に事故情報が記録されます。記録されることで、個人再生後に、ローンを組むことやクレジットカードのご利用が出来なくなってしまいます。記録期間は5~10年と言われています。

  • 誰でも手続き出来るわけではない

個人再生の手続きを行う際に、一定の条件が必要となります。一つは返済能力があるかどうかです。減額された借金を3年で返済するための収入が必要になります。2つ目は借金総額が5千万以下であることです。

住宅ローンを除いた借金総額が5千万以下であるということです。3つ目は支払い不能の恐れがあることです。その人にとって借金の支払いが困難な状況であるということです。最後は債務者が個人であることです。これらの条件を満たしていなければ、個人再生の手続きは出来ません。

  • 手続きが複雑である

個人再生の手続きが複雑であるため、手続きや認可までに時間を要することになります。個人再生において、借金を減額する際に、財産、収入、債権者の人数など多くの資料を必要となります。

多くの資料から色々とチェックしていかなければならないので、多くの時間が必要となります。なので、個人での手続きはとても難しいので、弁護士に依頼することをお勧めします。

まとめ

75dd6141ae0281971f3009be13613261_s

個人再生は手続きや条件が複雑となっていますが、それでも他の債務整理よりも得することがあります。また、個人再生においても過払い金は有効になります。依頼する事務所や弁護士によっては、手続き前に過払い金調査を行ってくれます。

手続き後に過払い金が発覚しても請求が可能になっています。個人再生は複雑なことが多いですが認可されれば負担を大いに減らすことが出来るので、お考えの人はぜひ弁護士等に相談してみてください。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧