借金を減らしたい人必見!債務整理の種類とメリット・デメリット

MENU

CLOSE

借金を減らしたい人必見!債務整理の種類とメリット・デメリット

債務整理の種類

9c96c68fba2fa5d56b5fe1119d3e9ea7_s

任意整理

任意整理とは、裁判所を介さずに借金を減額する手続きの事です。弁護士や司法書士等の専門家を通して貸し手と直接交渉を行なうのが特徴の手続きです。借金の支払い自体は継続することになります。

任意整理をするためには、一定の収入があることが条件となります。手続きの負担が少なく、債務整理の手続きの中では一番多く利用されています。官報には載らないため、第三者に知られる可能性も低いと言えます。

個人再生

個人再生は、裁判所を介して借金の減額をする手続きの事です。借金は5分の1に減額されます。自己破産と違い、条件を満たせば住宅等を手放す必要がありません。減額された借金は3年から5年以内に返済する必要があります。任意整理では返済が厳しいが、自己破産は避けたい、といった場合によく使われます。5年から10年くらいの間、お金を借りられなくなります。また、名前や住所が官報に載るので、第三者に知られる可能性があります。

自己破産

借金を返済することが不可能になった場合に全ての借金をゼロにしてもらう手続きの事です。ほとんど全ての財産を全ての貸し手に公平に弁済することになります。住宅等の財産も手放すことになります。借金が無くなりますが、同時に財産もほぼ無くなりますので、借金で困ったときの最終手段と言えます。手続きの期間中は郵便物等が第三者に管理され、引っ越しや旅行等も制限されます。

特定調停

特定調停は、まだ借金を返済できるがいずれ借金を返せなくなる可能性がある借り手の借金を整理して、生活を立て直すことができるようにする手続きの事です。裁判所を介した任意整理のようなものです。

過払い金返還請求

過払い金返還請求とは、払い過ぎた借金を貸し手から取り戻す手続きのことです。過払い金はグレーゾーン金利とも呼ばれ、利息制限法の上限金利は超えるが出資法の上限金利には満たない金利の事を言います。借金を完済してから10年の間、過払い金返還請求ができます。借金を返済中に過払い金返還請求を行なうと債務整理と見なされ、ブラックリストに載ります。

各債務整理のメリットとデメリット

4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s

任意整理のメリット・デメリット

任意整理のメリットは、利息が免除されるので、より早く完済できるようになります。また、個人再生や自己破産では、全ての業者を対象として手続きをしなければなりませんが、任意整理では業者を選んで手続きをすることができます。

そして、裁判所を介さずに弁護士や司法書士といった専門家が債権者と直接交渉をするため、負担が軽くなります。弁護士や司法書士に任意整理を依頼すると、すぐに督促が止まります。個人再生や自己破産と違い、官報に掲載されません。

デメリットは、約5年間ブラックリストに乗るため、お金を借りることができなくなります。また、個人再生や自己破産と比べると、借金をあまり減額できません。近年は、任意整理に応じない業者も増えています。

個人再生のメリット・デメリット

個人再生のメリットは、借金が5分の1に減額されるので、返済がかなり楽になります。自己破産と違って、財産を手放さずに手続きができる場合もあります。個人再生の手続きを開始した後は、債権者は給料の差し押さえ等の強制執行ができなくなります。

デメリットは、約5年から10年の間ブラックリストに載るため、お金を借りられなくなります。そして、借金の返済が継続できる収入がなければ、個人再生の手続きをすることができません。名前や住所等の情報が官報に載るため、第三者に知られてしまう可能性があります。

自己破産のメリット・デメリット

自己破産のメリットは、借金が全て帳消しになります。また、自己破産の手続きを開始した後は、債権者は給料の差し押さえ等の強制執行ができなくなります。そして、財産を少しだけ残すことができます。デメリットは、約5年から10年の間ブラックリストに載るため、お金を借りられなくなります。

名前や住所等の情報が官報に載るため、第三者に知られてしまう可能性があります。また、自己破産の手続きが完了するまでは、一部の職業に就けなくなります。しかも、住宅等を手放すことになります。そして、郵便物等が破産管財人によって管理されることになります。手続きが終了するまでは、裁判所の許可無く引っ越しや長期の旅行はできなくなります。

特定調停のメリット・デメリット

特定調停のメリットは、借金を減額することができます。また、任意整理と同様に業者を選んで手続きすることができます。デメリットは、任意整理と比べると手続きが複雑になります。そして、任意整理よりも取り立てが停止するまでに時間がかかります。

また、過払い金の返還を受けられない可能性があります。しかも、返済が滞るとすぐに給料差し押さえ等の強制執行をされてしまう可能性が高くなります。ちなみに、債権者が合意しないと調停が成立しません。また、借金をあまり減額できない可能性もあります。

過払い金返還請求のメリット・デメリット

過払い金返還請求のメリットは、払い過ぎたお金を取り戻せます。返し終わった借金の過払い金返還請求ならブラックリストに登録されません。デメリットは、現在返済中の業者に過払い金返還請求を行なうと、債務整理扱いとなってブラックリストに載ってしまいます。

そして、過払い金返還請求をした消費者金融からは二度とお金を借りることができなくなります。また、借金を返し終わってから10年の間までしか過払い金返還請求を行なうことはできません。

債務整理の相談は弁護士と司法書士のどちらにすればいいのか

e9ccb0f925044f5c65ce5d741ebe3148_s

基本は弁護士に相談すべき

司法書士は借金が140万円以下でないと債務整理の代理人になれず、また、自己破産や個人再生の代理人にはなれないので、その分依頼者本人の負担が増えます。弁護士には借金の額による制限はなく、また、自己破産や個人再生の代理人にもなることができます。

弁護士のほうが費用がかかりますが、その分、ほとんど全てを任せることができます。基本的には、弁護士に依頼するのがベストな選択と言えます。しかし、弁護士と言っても債務整理に強い弁護士とそうでない弁護士がいますので、債務整理に強い弁護士を探して選ぶ必要があります。

債務整理をしないまま借金を放置するとどうなるか?

573dbc5464f8eab22ea3ba6a18ec15ab_s

3ヶ月滞納したらブラックリストに載ってしまう

借金を3ヶ月滞納してしまうと、ブラックリストに載ってしまいます。ブラックリストに載ると、新しいクレジットカードを作る時、または、ローンを組みたい時に審査に通らなくなってしまいます。ゆえに、ローンを組んでマイホームを買いたいとか、車を買い換えたいと思っても、断念せざるを得なくなってしまいます。

ブラックリストに載る期間は個人信用情報機関によって違いがありますが、基本的には延滞を解消してから1年、または、5年間載ります。なので、できるだけ延滞しないように気をつけるか、借金を返すのが難しいのなら延滞する前に弁護士に相談して債務整理をしたほうが良いでしょう。債務整理でもブラックリストに載りますが、延滞でブラックリストに載るよりはマシです。

最終的には差し押さえされる

借金を放置し続けると裁判所から通知が届き、最終的には給料等が差し押さえられます。このような状況に至る前に、できるだけはやく弁護士に相談して債務整理をするようにしましょう。もう借金を返せるような状況ではないと判断したら、速やかに自己破産しましょう。

借金を返せないからといって無視し続けても状況が悪くなるばかりです。弁護士に頼む費用がないという場合でも、自分のみで自己破産の手続きをすることは可能です。自分だけで自己破産の手続きをするのは大変ですが、自己破産をされた方の中には、自力で手続きを行った方もいます。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧