リボ払いは危険?債務整理でリボ払いの危険を取り除こう

MENU

CLOSE

リボ払いは危険?債務整理でリボ払いの危険を取り除こう

まずはクレジットカードのリボ払いを把握しよう

e31f36e1593b36218975e8d813072ded_s

リボ払いには四つの種類がある

債務整理のお世話になるケースは、何も金融機関や貸金業者から直接的に融資を受けたときだけではありません。クレジットカードのような非常に身近なサービスでもあり得ます。クレジットカードのサービスを利用すると、借りた金額を返済するためのプランが提供されます。

  • 元利定額リボルビング方式=元金+金利手数料を固定する
  • 元金定額リボルビング方式=元金のみを固定して金利をプラスする
  • 元利定率リボルビング方式=利用残高と金利手数料の合計を一定割合で返済する
  • 元金定率リボルビング方式=利用残高に一定の割合をかけて手数料を上乗せする

一般的には、上記の四つに分類することができますが、クレジットカードを提供している会社によってどのプランを提供しているかは異なっていますのでその点は確認しなくてはいけません。そして、簡潔にまとめると上記のようになります。

重要なのは、どの返済に関しても返済のためのきちんとした基準が存在するということです。その基準に従って返済をしていくことになりますので、それぞれの債務者に対して一定割合の返済負担が毎月存在するということを忘れてはいけません。

リボ払いは毎月の負担になる

リボ払いでは、それぞれの方式によって返済プランを考慮することも重要になるのですが、何よりも返済に関するリボ払いの根本的な考え方をしっかりと覚えておくことが重要です。

そもそも、リボ払いは毎月ごとに指定されたプランごとの金額を返済していくことを意味しますので、その意味では月々の返済額が一定になるという特徴があります。これは上記のどの方式のリボ払いを選択しても同じです。一定金額の決められた支出をしていくことになりますので、計画的に返済をしていくことが可能になるメリットはあります。

しかし、反対にクレジットカードの利用残高全体に金利やそれに伴う手数料が必要になりますので、リボ払いの返済が長期になるほどその負担は大きくなることを意味します。クレジットカードのキャッシング枠も長期に渡って返済を行えば、それによって滞納などの借金問題で債務整理を利用しなくてはならなくなる可能性があることに注意をしなくてはいけません。

キャッシング枠に存在する落とし穴

f7ea0dff576f6a5e624a2efe0fda62b1_s

リボ払いは、典型的なクレジットカードのキャッシング枠に存在する落とし穴であるといえます。元々、機能的な側面を見るとクレジットカードの主な目的はショッピング枠になりますので本来ならば返済に関してこのような面倒なことを考える必要はありません。

実際に、ショッピング枠に関しては本人が自覚していないだけで自然に立て替えてもらったお金を返済しているケースが非常に多いです。例えば、インターネットでショッピングをするときにクレジットカードを利用する人は多いですよね。

クレジットカードは銀行などに存在する銀行口座から直接的にお金を引き落としてショッピングをするわけではなく、あくまでも金銭を枠内で立て替えてもらって支払っているにすぎません。事実、クレジットカードを利用してインターネット上のサービスを利用したとしても即日でクレジットカードの請求書がやってくることはありません。

後日に立て替えてもらった請求書が届き、契約をしている口座からお金を引き落とすという方式を取っている人が大半です。ところが、キャッシング枠に関してはこのような単純な計算ができないというデメリットがあります。

キャッシング枠は、どうしても返済の際に金利や手数料の問題が絡んできますので、計算を間違ってしまうと必要分の返済額を用意できないこともありますし、それをやってしまうと滞納分のお金に余計な利息が付いてしまうことも考えられます。借金の性質からしてもショッピング枠とキャッシング枠では違うのです。

キャッシング枠とショッピング枠の長期の滞納の違い

dedb932173675f6ba5a9c918fbef2230_s

滞納で問題になるのはキャッシング枠

キャッシング枠とショッピング枠の借金としての違いは、長期的な借金トラブルになるほど顕著になります。キャッシング枠は金利と利息の問題でもありますので、長期の滞納になるほど債務者の負担はそれだけ増大になっていきます。

そもそも、リボ払いで返済をしているわけですから利息によって債務者が負担を強いられることになるのは当然です。一方で、ショッピング枠というのはお金を立て替えてもらってサービスを利用しているだけなので、金銭を支払う対象はあくまでもそのサービスを利用している分の金銭だけになります。

例えば、インターネットで動画を見たい人がクレジットカードで動画を配信しているサイトと契約をしたとしますよね。このサイトの契約料金が一ヵ月に500円だった場合、一ヵ月に払わなくてはならないお金はこの500円分だけになります。

この500円のお金を後で支払うのがクレジットカードを利用している消費者になりますので、このサービス料に対して金利の負担などを考える必要性はありません。あったとしても、その負担は目に見えない程度に非常に小さな負担になります。

そのため、キャッシング枠とショッピング枠の借金の立場は一緒に考えることができず、リボ払いで問題になるのはキャッシング枠のみであると考えて間違いないわけです。

弁護士への相談はできる?

では、クレジットカードに関する借金トラブルは弁護士に相談することができるのでしょうか。実は、クレジットカードのトラブルであっても弁護士への相談によって問題を解決することは可能です。

ただし、クレジットカードの借金相談に関してはキャッシング枠での相談が大半だということを覚えておくことが大切です。キャッシング枠は、リボ払いに伴う金利などの側面から債務整理などで処理できるトラブルであると判断されていますが、他の貸金業者にあったような過払い金のような面倒なトラブルは存在しないのでその点は安心できます。

一般的に、弁護士にキャッシング枠での相談をすると自己破産や民事再生ではなく債務整理の中でも最も簡易的な手段である任意整理で借金を減額させることができるのでまずはその相談をすることが重要です。

リボ払いを見直すことから考えよう

6741885f359f22b515a8c228b4b2d953_s

これからクレジットカードのキャッシング枠を利用しようと考えている人も、任意整理でトラブルを解決しようと考えている人も、まずはクレジットカードのリボ払いを見直すところから始めなくてはいけません。そもそも、リボ払いの金利や手数料の仕組みを最初からわかっていれば長期的な返済プランは不利になる可能性が高くなることは予想できます。

後年で弁護士に相談しなくてはならないようなトラブルに巻き込まれないようにするためにも、最初の段階で対策をしておくことが大切なのです。リボ払いは月々の負担が決まっている返済方式なので、どの方式を利用しても金利と手数料の負担を避けることはかなり難しいです。

それを避けることができずに、実際に滞納などのトラブルに巻き込まれたときには、費用が最も安くて手続きが通りやすい任意整理を弁護士に相談しましょう。任意整理を利用するとまずはリボ払い特有の月々の返済額の部分で見直しが入って、債務者が返済しやすい金額で調整するように会社と話し合いを進めていくことができます。

上手くいけば金利を減らしつつ返済額を従来までの半分以下にすることもできますので、相談する際には悩まずに打ち明けることが大切です。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧