ショッピングリボ払いは危険?金利が高いために注意が必要!

MENU

CLOSE

ショッピングリボ払いは危険?金利が高いために注意が必要!

ショッピングリボ払いとは

2fd5fc65e03baf4224fe0648420ba1f1_s

クレジットカードはショッピング枠の範囲で買い物ができます。この時、カード会社が立て替えしてショップに代金を支払しており、その後はカード会社に支払する事が必要です。1回払いや分割払いやリボ払いなどいくつかの支払方法から都合に合わせて選ぶ事が可能です。

このうち金銭的に余裕が無い時に便利なのがリボ払いです。リボ払いと一言で言ってもカード会社によりいろいろな方式があります。特に一般的なのが定額方式と残高スライド方式の2種類です。定額方式はなるべく毎月の支払額を抑えたいと言う時に便利です。

例えば50万円以下の残高で毎月1万円、50万円超100万円以下で毎月2万円、100万円超で毎月3万円など毎月一定額支払すると言う特徴があります。残高スライド方式では定額コースより支払額が大きくなる代わりに、完済までが早くなります。

金銭的な余裕は無いけど、支払はなるべく早く終わらせたいと言う時に便利です。残高スライド方式の長期コースと標準コースを用意するクレジットカードもあり、長期コースのほうが支払期間が長くなるものの毎月の支払額が楽と言う特徴があります。

定額コースは特に危険

5ec2515a531449674afe83660387b879_s

定額方式と残高スライド方式のうち特に危険なのが定額方式です。先ほどの例で言うと50万円以下の残高までならショッピングしても毎月1万円のまま支払額が変わらないです。毎月1万円なら安定した収入があれば楽に支払する事が可能です。

そのため人によっては金銭感覚が狂ってしまう事があるのです。ショッピングリボ払いの金利手数料は年15.00%と言うクレジットカードが多いです。近頃では1年定期預金でも0.20%ほどの利息しか受け取りできない時代となりました。

そんな定期預金と比べるとショッピングリボ払いの金利手数料はかなり高いと言えます。年15.00%で10万円ショッピングし、定額コースのリボ払いで毎月1万円支払した場合、支払回数は10回、支払総額は106666円、うち支払利息は6666円となります。

追加ショッピングし50万円まで増えると支払回数は50回、支払総額は658367円、うち支払利息は158367円となります。毎月の支払額は変わらないのに、トータルで考えるとかなり負担が大きくなってしまうのです。クレジットカードではショッピング枠を超える買い物はできない仕組みになっています。

50万円のショッピング枠なら50万円までとなります。しかし金銭感覚が狂いだすと2枚3枚と複数のクレジットカードでショッピングリボ払いするようになります。気が付いた時には支払総額が膨らんでしまい、支払が困難になるケースが良くあります。特に物欲に負けてしまう人はショッピングリボ払いの危険に嵌りがちのために注意が必要です。

リボ払いの危険を抑えるには

ショッピングリボ払いの危険を抑えるにはなるべく1回払いや2回払いなどで早期に支払するのが一番です。早期に支払できる目途が無い時はショッピングしない事を心がけて下さい。

もしショッピングリボ払いした時は追加支払を行って下さい。ショッピングリボ払いでは口座からの自動引き落としで支払する事ができます。これに加えて提携ATMなどで追加支払し、早期に完済する事を心がけると支払利息分が少なくなります。

リボ払いは債務整理できるか

ショッピングリボ払いで浪費し支払が困難となり滞納した場合、債務整理できるのか分からない事がありました。自己破産と言う債務整理では浪費の場合は免責不許可事由に該当します。裁判官によっては裁量で免責許可を下す事があるものの、必ず浪費で自己破産ができると言う保証は無いです。

しかし任意整理や個人再生と言った債務整理なら自己破産のような免責不許可事由が無いため、浪費の借金でも債務整理が可能です。任意整理では過払い金、将来利息、遅延損害金の分だけ借金が減ります。過払い金が少なく解決できないと言う場合は個人再生が便利です。

個人再生では借金が原則5分の1と大幅に減ります。個人再生は裁判所に申立を行うために難しい手続きとなっています。弁護士に相談し手続きを依頼したほうがスムーズです。予約しないで弁護士事務所に行っても相談できない事があるため、必ず予約して出かけて下さい。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧