便利だからこそ気を付けたい、リボ払いの罠!

MENU

CLOSE

便利だからこそ気を付けたい、リボ払いの罠!

リボルビング払いは金利がどうしても高くなりがち

6cbb39618a64a9062086e081267739af_s

リボルビング払いは自分の都合のよい時にまとまった額を返済できるため、非常に使い勝手が良いのが特徴です。計画的な返済ができれば短期間で済む場合がある一方で、便利だからと使い過ぎると雪だるま式に返済額が増えていく可能性もあります。

これはカードの返済額を直接確認するにはちょっとした手間がかかることがあるだけでなく、残高の反映に時間がかかることがあるからです。また、クレジットカード会社などもリボ払いにするとポイントバックが受けられるなど、様々なキャンペーンを設けている場合もあります。

そのため、気が付くと予想よりも返済額が多くなっている場合が多いのです。リボ払いは計算を誤まるとどんどん金利がかさんでしまうことを理解する必要があります。返済できる範囲であればまだ問題はありませんが、複数のカードでリボ払いによる返済が溜まっている場合は特に注意が必要です。

金利だけで生活が圧迫されるだけでなく、いつまでたっても借金が減らないといった事態や、滞納が起き始めると言う悪循環にはまりやすくなります。返しきれなくなる前に状況を打開する必要があるのです。その解決策が債務整理で、借金を帳消しにする自己破産や過払い金の請求、任意整理と言った方法で借金をより返しやすい状況にすることが出来ます。

過払い金は金融機関にとられ過ぎていた金利の返還を請求することで、特に長期間借金をしている人は該当する可能性が高くなります。任意整理は借金の支払える金額を確認し、金利を下げて細く長く返すことや、返済額自体の交渉をすることがポイントになります。

金融機関が最も嫌がることが、自己破産によって借金が回収不能になることです。そのため、専門的な知識を持った弁護士に依頼することで、借金の返済額を減らす交渉が出来る可能性があるのです。

債務整理は弁護士に依頼しなければ出来ないことが多い

82b08e577a3dd7bbbd9b0ab2a619f62a_s

債務整理の一部は司法書士でも対応が可能ですが、弁護士でなければできない分野が存在します。これは法律上弁護士でないとできない仕事が決められているからで、広範囲な借金の相談であれば弁護士の方が向いているのです。債務整理をするなかで、どのやり方が向いているかは人によって異なります。

例えば自己破産も人によってはリスクが非常に少なく、日常生活にあまり支障がないケースが存在します。これは自己破産の情報はプライバシーの保護の観点から徹底的に伏せられるからです。そのため、金融機関などでローンを組む時等でなければ情報を確認できず、職場に漏れることなども無いからです。

家や土地、車などの資産がなければ資産の差し押さえがないケースも多いのです。これは少額の財産で有れば手元に残せるだけでなく、生活必需品や当面の生活費などの最低限のお金は差し押さえ自体が出来ないからです。

一方で、信用情報に破産の情報が一定時間乗り続けることや、証券会社や不動産業など一部の職業に就くことに制限もかかります。これらの職業に関係なければ、普通に仕事をして生活できる場合があるのです。自己破産の場合は官報公告と呼ばれる国の情報でも共有されることになりますが、一般人で確認する人はほぼ居ないのも特徴です。

任意整理の場合は借金は返済を続けるものの、ブラックリストに登録されることは避けることはできなくなります。その代わり官報公告には記載されないのが自己破産との大きな違いです。また、職業の制限も受けないのがメリットになります。

過払い金にはほとんどデメリットは無く、金額が少額でなければ多くの場合で元が取れるのが特徴です。リボ払いで返済に困るケースであれば任意整理か自己破産が中心となりますが、念のために過払い金がないかも相談すると借金が少なくなることがあり得るのです。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧