債務整理のデメリットや期間はどうなっているのか知りたい

MENU

CLOSE

債務整理のデメリットや期間はどうなっているのか知りたい

債務整理のデメリットが気になる

4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s

借金を減額させるための圧倒的な力を持っている債務整理。借金経験者ならば誰もが検討する余地があります。ところが「債務整理は、デメリットが大きい」何ていう話を聞いたことがありませんか?この点を気にするがあまり、債務整理に踏み込めない債務者がたくさんいます。

確かに、債務整理には必ずデメリットもつきものです。「借金減額」だけに目が眩んでしまうと、思ってもいない損をするかもしれません。だから、これを機会にデメリットをちゃんと理解しておきましょう!債務整理の種類別に紹介してみますので、次にあげるようなデメリットには注意してみてください。

任意整理と過払い金返還のデメリットのついて

  • ブラックリストに掲載されてしまう(5年くらい)
  • 債務整理を要求した業者からは二度と借り入れできない

個人再生のデメリットについて

  • ブラックリストに掲載される(5年から7年くらい)
  • 一番、費用が必要な債務整理である
  • 官報に載ってしまう

自己破産のデメリットについて

  • 財産の差し押さえ(20万円以上の価値がある財産は全て対象)
  • 自己破産後に職業の制限あり
  • ギャンブルなどの浪費癖の借金は対象外
  • ブラックリスト掲載(5年から7年くらい)

いかがでしたでしょうか?債務整理はとても魅力的なものではありますが、このようなポイントも考慮した上でチャレンジしてください。

債務整理にまつわる期間について

1cd3687f2a03510c8143659a519a5ccd_s

債務整理に興味を持っている債務者はたくさんいると思いますが、「どのくらい期間が長引くのか?」について気になっている債務者もたくさんいます。

  • 債務者が抱えている借金の総額
  • 債務整理の種類
  • 債務整理をサポートする弁護士の手腕

などによって期間は変わってきますが、長くても1年ぐらいだと見ておきましょう。

早く終了するケースもある

思いのほか、早期に終了してしまうケースもあります。それは、自己破産をした時に財産が少ない場合です財産が多い場合には、一つ一つを差し押さえて売りに出さなければならないので、手間がかかります。ところが、財産が少ない場合には、簡単な手続きだけで終了してしまうのです。

長引いてしまうケースもある

早期に終了するとみていても、意外と長引いてしまうケースもあります。それは任意整理と過払い金請求です。個人再生と自己破産は、債務者と金融業者の間に裁判所に入ってもらうのですが、任意整理と過払い金請求は裁判所に入ってもらえません。

そのため、債務整理の対応に渋る金融業者も出てきます。任意整理、過払い金請求は、「強制執行力がない」というのはちょっとデメリットかもしれませんね。

安心するのはちょっと早い!債務整理終了後にも気を配る必要がある

債務整理は長くても1年ぐらいです。その期間をクリアしたからといって、安心するのは早いと言えます。なぜならば、「減らしてもらった借金の返済期間」が残っているからです。残りの借金は、3年以内に返済するのが通常となっています。

ただし、3年でどうしても返済するのが難しい場合は、5年まで大目に見てもらえる場合もあります。自己破産をした場合は、もちろん返済の義務はありませんので気にしなくて大丈夫です。

  • 返済プランは弁護士と一緒に考えて行きましょう

借金を減額できることができても、お金に困っている債務者にとっては残った借金は決して安い金額ではないと思います。「また滞納しないか心配だ」「返済のやりくりが難しそう」などと思うかもしれませんが、その辺りは借金相談をした弁護士が一緒に考えてくれますから大丈夫です。弁護士との付き合いは長期化することもあるので、債務者は誠意のある対応を常に心がけましょう。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧