債務者が抱えやすい債務整理の疑問あれこれ、お答えします!

MENU

CLOSE

債務者が抱えやすい債務整理の疑問あれこれ、お答えします!

債務整理は債務者の救世主

d4eb3c7f5ff0a6d1db2486e253d6fabe_s

借金で人生を棒に振ってしまう債務者がたくさんいます。借金はできる限りするものではありません。だけど、長い人生の中で、時には借入を必要とする場面も出てきます。こんな時に計画性を持たないと、返済できないぐらいの借金に膨れ上がってしまうケースも珍しくないのです。そんな借金を抱えてしまった時、あなたなら一体どうしますか?

債務整理という方法があるのを知っておきたい

膨大な借金を返済していくのが難しくなった場合には、債務整理という方法を行えば借金を少なくすることができます。弁護士とか裁判所の協力を得ることで、金利を減らしたり、半分近くまで減らしたり出来るのです。

これなら返済の目処がついてきますよね。自己破産を検討すれば、借金の返済を一切しなくて大丈夫です(ただ自己破産はあまりお勧めできませんので、検討する時は慎重に!)。債務整理はアルバイトでも実施できるので、是非検討したいところです!

債務整理を考えている債務者がよくする質問

b379203a5985106be33a29992ce4d63e_s

初めて債務整理する債務者にとっては分からない疑問がたくさんあると思います。そこで今回は、債務者が抱えやすい代表的な疑問をピックアップしてみましょう。

過払い金請求とか任意整理は家族に知られないように行えると言われているけど本当なの?

身内に借金を知られたくない債務者にとっては、債務整理は一か八かの綱渡りです。そんな債務者にとって、過払い金請求と任意整理は選びやすい債務整理となっています。でも本当にこれらの債務整理は身内に知られないように行うことができるのでしょうか?

  • 裁判所とか役所に対しての届出がいらない

これらの債務整理は個人再生と自己破産のように裁判所とか役所への届けを必要としていません。従って、債務整理を行うときに手伝ってもらった弁護士に「身内に知られたくない」という要望を伝えておけば、必要な郵便物が自宅に届かないように配慮を行ってくれます。

業務連絡なども同じくです。だから知られにくくなっています。業務連絡はメールで行い、必要な郵便物は弁護士事務所に取りに行くなどの対応で問題ありません。

借り入れした時の資料がないんだけど債務整理できるの?

債務整理を行うには借入の状況を把握する必要があります。それには借入明細などの資料があれば手っ取り早いです。でもそんな資料を丁寧に管理している人はどれだけいるでしょうか?特に、過去に借り入れしていた借金に対して過払い金請求をするような場合には、資料もないし記憶も曖昧というケースも多いと思います。

ところがこのような資料が残ってないケースでも債務整理することはできます。とりあえず弁護士に相談をしてみてください。借入を行っていた金融業者だけでも把握できていればチェックすることができます。もちろん、資料が整っているんならば、初回相談時に持っていきましょう。

債務整理することで借入先の業者から怖い対応されるのではないか心配

債務整理するというのは、ある意味では借入先の金融業者に喧嘩を売る行為と捉えられるかもしれません。金融業者からすれば「借金を重ねたのは債務者なんだから、借りたお金は返してもらって当然」と思っていますからね。

だから、債務整理することで仕返しが待っているのではないかと不安を抱える債務者もたくさんいます。しかし、安心してください!そのような事態は決して発生することはありません。どうしてかというと、債務整理した後は、借入先の金融業者が債務者と直接接点を持つことは禁止されているからです。

つまり、滞納の取り立てに合っていた債務者も解放されるということになります。万が一、威圧的な対応を直接的に受けることがあったら、すぐに弁護士に相談すれば大丈夫です。適切な対処をとってくれます。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧