弁護士さん達に頼まず、債務整理は自力でできるのか?

MENU

CLOSE

弁護士さん達に頼まず、債務整理は自力でできるのか?

債務整理って自力でできるのか?

6ef85ad44014173352dfe00d62885b98_s

借金問題を解決できるかもしれない債務整理ですが、これらの手続きは本来弁護士さんや司法書士さんに依頼することが多いのです。しかし、これらの専門家の方に相談するだけでも費用はかかってしまいますし、借金の整理がついても今度は報酬の支払いもあるのが気になるかもしれません。

それならばいっそ、自分だけでやったほうが弁護士さんや司法書士さんへの依頼料を節約できるのではないか?と考える方もいるかもしれません。確かに、自力で出来れば依頼料や報酬金がかかりませんので、お金の節約にはなるでしょう。しかし、債務整理というのは素人ができるものなのか?という点が気になる方もいると思います。

結論としては「自力での債務整理はやめておいたほうが良い、なぜならデメリットのほうが大きい」ので、借金問題が解決しないばかりか、むしろ悪化するだけにしかならないだけです。確かに費用はかかるかもしれませんが、やはり弁護士さんや司法書士さんに相談して依頼するのが一番です。

債務整理ってとても大変

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_s

任意整理だけでも大変

債務整理の例として任意整理というのがあり、借金が減ったり、過払い金が戻ってくる事で利用する人が増えています。ではこの任意整理は自力で債権者と交渉して過払い金を取り戻したりする事ができるのか、と言えば素人にはとても困難です。まず取引履歴を調べる事から始まるのですが、自分で管理していない場合は債権者に確認する事になります。

ですが、取引履歴を開示して欲しいという事は、債権者にとってもかなり警戒される事なのです。向こうもプロである以上は取引履歴を開示してほしいと言われた時点で「こいつは債務整理を考えている」と予測しますので、開示を拒否されたり、3ヶ月以上かかってからやっと開示するなど非協力的な態度を取られる事もあるのです。

また、取引履歴は「債権者との取引日開始日から現在までの借入の日」「借り入れ金額」「返済日と返済金額」が全て詳細に記載されたものが必要ですが、これをワザと取引日と返済日だけしか記載しなかったり、悪質な場合は改竄したものを送られるのです。

弁護士さん等の専門家が開示要求をしたのであれば向こうも変な真似をしにくいですが、素人が請求をしてもまともに相手をしてくれない事がありますので、この時点でやはり自力での任意整理は難しいものになるのが分かると思われます。

また、その後の利息制限法に基づいた借金の引き直し計算もありますし、返済についての交渉も素人ではむしろやりくるめられてしまい、交渉がまとまらない可能性があります。

債務整理はやはり弁護士・司法書士に依頼しましょう。

そもそも任意整理と言う方法も借金の金額次第ではどうしても返済が難しい事もあり、中にはせっかくまとまった任意整理なのに何らかの理由で返済が滞納・遅延してしまい、個人再生や自己破産という形を取る事になってしまう場合もあるので、決して万能ではないのです。そもそも自分の借金が任意整理で解決できるのか?

もしくは個人再生・自己破産をしないとどうしようもない可能性もありますが、借金をしている状況でそれらの事を冷静に判断できるかどうか?それでも債務整理を専門家ではなく自力でやるべきか?という点から、やはり債務整理はプロの弁護士さんや司法書士さんに依頼したほうが気が楽ですし、何よりも債権者側の態度も大きく変わります。

さらに任意整理を何とか自力でまとめても任意整理では返済がそもそも難しい借金額だったりした場合、返済が滞納・遅延するとせっかくまとめたお話も全て無意味となってしまいます。弁護士さんや司法書士さんであれば任意整理で何とか返済可能であるのかどうかも相談できますし、もしも任意整理では返済が難しい場合の個人再生や自己破産の手続きもお任せする事ができるのです。

以上から、自力で債務整理を何とかしようとしても、メリットとしては依頼料を節約できる程度であり、むしろ手続きや交渉などの手間と労力を考えるとどうしてもデメリットがメリットを上回ってしまいますので、結論としては素人の債務整理はオススメできません。信頼できるプロの弁護士さんや司法書士さんに依頼しましょう。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧