お困りの人必見!債務整理で借金問題を解決しよう

MENU

CLOSE

お困りの人必見!債務整理で借金問題を解決しよう

借金を滞納してしまうとどうなるか

5ff5150a7bb9053f9c3eb9011f6a1efc_s

借金というと言葉として重みがありますが、今は借金というよりもキャッシングという言葉の方が浸透しています。そしてこのキャッシングという言葉は意味合いは借金と同じにも関わらず、借金よりも非常に軽い印象をうけてしまうのではないでしょうか。

その結果、気軽にどんどんキャッシングをしてしまって気がつかないうちに支払いが困難な程の借金になるという事も少なくありません。そして、督促状などが来ても返す事ができずにそのまま滞納してしまうなんていう人もいらっしゃるのではないでしょうか。

気軽にキャッシングをしてしまうと、返済に関しても少し意識が薄まってしまう傾向にあり、多少滞納をしても大丈夫だろうと思ってしまいがちです。しかしながら、借金を滞納したまましばらく経過すると、いきなり一括請求をされてしまい後悔するという事も多いです。

ですからそうなってしまう前にしっかりと対処していかないといけません。しかしその対処の方法がわからないためにお困りの方というのも少なくないのではないでしょうか。そういった方々のためにも、これから借金問題を解決するのに役に立つ情報をご紹介していきます。

借金問題は債務整理で解決

6741885f359f22b515a8c228b4b2d953_s

借金問題を抱えてしまった時には、自力での解決はなかなか難しいです。そもそもお金がなくてキャッシングをし、金利をついたお金が返済できないという状況下では、それこそ宝くじが当たったり大きな臨時収入でもない限り、かなり長期間借金と付き合い続けて利息の支払いで精一杯という人が少なくありません。そういった状況を打破するためには、債務整理を上手に活用していく事が問題解決への第一歩だと言えるでしょう。

債務整理は過払い金や自己破産だけじゃない

債務整理と聞くと、真っ先に過払い金の請求や自己破産などが思い浮かぶ人が多いでしょう。確かにそういったイメージは強いかもしれませんが、債務整理というのは何も過払い金請求や自己破産だけではなく、借金の減額に関するものなども複数種類があります。

借金の返済が困難になった方が弁護士に相談をして借金の減額に成功し、無事に完済できたというケースは少なくありません。そのため、借金でお困りの方は債務整理を検討してみる価値は十分にあると覚えておきましょう。

どんな借金減額のための債務整理があるのか

では具体的にどんな借金減額のための債務整理があるのか解説をしていきます。前述の自己破産というのは財産差し押さえのかわりに借金を帳消しにするという、極端なケースです。

こういった自己破産よりも効果は劣るもののもう少しハードルの低い債務整理もあるので、これからの説明を見てご自身にとって良さそうなものがあれば是非実際に弁護士に相談をなさってみてください。

3つの借金減額方法について

自己破産以外の借金減額の方法としては、下記の通りになります。

  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生

これらは得られる効果やかかる費用に違いがありますから、自分にマッチするものを選ぶ事が大切になってきます。任意再生、個人再生、特定調停の順で減額される金額が高くなるものの、その分費用も高くなるとまず覚えておきましょう。

任意整理は裁判所への申し立てが必要ない唯一の債務整理で、借金額が比較的少ない時に利用をすべきものです。個人再生と特定調停の方は裁判所への申し立てが必要なので少しハードルは上がります。しかしその分例えば個人再生なら借金を5分の1以上弁済できるなど得られるメリットも大きくなると覚えておきましょう。

自分がどれをすべきかわからない方も、実際に弁護士事務所の無料相談などを利用してみればどうすべきかわかるはずです。債務整理に興味を持った方は、無料相談から始めてみましょう。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧