個人再生による債務整理、家族にはどんな影響が生じる?

MENU

CLOSE

個人再生による債務整理、家族にはどんな影響が生じる?

個人再生で債務整理をするとどんな影響が生じるのか

f05061a65c23024173ad5b73742554a5_s


借金返済に行き詰まった人を救済するために用意されているのが債務整理です。債務整理にはいくつかの方法がありますが元本の減額とマイホームの保護という債務者にとってありがたい救済措置の利用をできる方法が「個人再生」です。

個人再生による債務整理が成立すると借金が5分の1に減額され、マイホームを処分することなく完済をめざして3年かけて借金返済を続けていけるのですが、気になるのが個人再生が周囲に与える影響です。

個人の問題である借金が家族や親類に悪い影響を及ぼすのであれば問題です。債務整理が唯一の解決手段だったとしても悪影響を恐れるあまり手続きをためらってしまうかも知れず、解決までの時間も手間も余計にかかってしまいかねません。個人再生手続きは周囲にどのような影響を及ぼすのでしょうか。

借金の悩みは消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所に無料相談

\オススメ/

借金に関する相談をどこにするか迷っているなら杉山事務所がオススメ!
あなたが抱えている借金に関するお悩みを的確かつ丁寧にアドバイスし、解決へと導きます。

過払い金請求や債務整理の実績も豊富で、過払い金回収額は月5億円を超えています。

⇒杉山事務所の公式サイトを見てみる

借金の悩みは消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所に無料相談

\オススメ/


消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所があなたの借金のお悩みを解決します!

⇒杉山事務所の公式サイトをみる

  1. 0120-066-018
  2. 0120-065-039
  3. 0120-068-027
  4. 0120-069-034
  5. 0120-067-009
  6. 0120-070-146
  7. 0120-131-025
  8. 0120-678-027

個人再生が周囲に与える影響は?

9b9c9a51082892ea0bdd4c8880eb51d1_s

本人には大きな影響がある

個人再生を含む債務整理手続きを行うと本人にはその後の生活に大きな影響が生じます。具体的には以下の様なことが起こります。

  • 信用情報機関のブラックリストに情報が記録される
  • クレジットカードの利用及び新規発行が不可能に
  • 借り入れが制限される(すでに借り入れ済みの住宅ローンは返済義務が継続)
  • 割賦販売も利用不可能
  • 個人再生の事実が官報に記載される

債務整理を行うと金融上の信用を必要とする行為ができなくなります。信用情報機関のブラックリスト入りすると信用に欠ける人物と判断されるため借金や借金に近しい性質を持つクレジットカードの利用や割賦販売が不可能になります。

さらに個人再生が成立すると官報に事実が記載されるため秘密裏に手続きを進めることはできません。ただし官報に掲載される以上のことは起きないので、会社に債務整理の事実が告知されるようなことありません。

個人再生では減額されるとはいえ借金返済の義務は継続します。減額されたのに借金返済に行き詰まればマイホームの処分を含む厳しい対処を求められてしまうので、個人再生成立後は残債返済を再優先するのが生活を守るコツです。

家族への影響

個人再生によって生じる家族への影響ですが、過剰に警戒する必要はありません。最大の問題である住居に関しては個人再生によってマイホームが保護されるので引っ越しすることなく住み続けられます。

ただし、住宅ローンの滞納が生じれば個人再生とは別に厳しい措置が取られるので、個人再生の残債と同じく住宅ローンも最優先で返済計画を立てるのが破たんを防ぐコツです。

就職や就学に関して影響はありません。個人再生に関して家族には一切の義務はなく責任は債務者本人にのみ生じます。

ただし、賃貸住宅の保証人になる際に債務整理をしている人物が不適当と判断される可能性があります。通常賃貸の保証人でそこまで細かくチェックされることはあまりありませんが、債務整理が原因で保証人を断られる可能性があることは考慮しておく必要があります。

クレジットカードはどうなる?

クレジットカードに関しては債務整理をした本人は利用も新規発行も不可能になりますが、家族に関しては影響がありません。発行済のクレジットカードはこれまでと同様に利用できますし、新規のクレジットカードに関しても発行時の審査が厳しくなるようなことはありません。

ただし、クレジットカードの家族カードに関しては影響があります。債務整理した本人名義のクレジットカードの家族カードを利用していた場合、家族カードも使えなくなります。

反対に債務整理の当事者が家族の別の人間が本会員となっているクレジットカードの家族カードを利用していた場合はどうなるのでしょうか。

家族カードが利用できるクレジットカードの信用情報は本会員が基準となるため、債務整理を行ったとしても本会員が当事者でない限り家族カードの利用ができなくなることはありません。債務整理後もクレジットカードを利用したいなら家族カードを上手く利用するのがコツです。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧