債務整理ができない?債務整理の今後について考えてみよう

MENU

CLOSE

債務整理ができない?債務整理の今後について考えてみよう

債務整理が難しい時代が来るかもしれない!

b458c8b14b380d1412e253d75c45dbc8_s

もしかしたら、今後は債務整理を行うのが難しい時代が訪れるかもしれません。特に、過払い金請求と任意整理に関してです。それは一体どうしてなのか?について説明してみたいと思います。

過払い金請求が難しくなるかもしれない理由とは?

過払い金が発生していた時代というのは、利息制限法が守られていなかった時代です。具体的に言うと2006年よりも前になります。2006年から利息制限法の見直しが始まったため、そこからは各金融業者が過払い金にはシビアになりました。従って、ここ10年ぐらいの間に新しい借金を始めた債務者は過払い金の心配はほとんどないということになります。

  • 2016年以降は、ますます過払い金請求は減るかもしれない?

今、この記事を執筆している時点で2016年です。2016年以降は、さらに過払い金請求の事案が減る傾向にあるでしょう。それはどうしてなのかというと、「過去に借金をしていた経験がある債務者も、借金終了から10年以内ならば過払い金請求が可能」という背景と大きく関係しています。

2016年といえば、過払い金の事案が一気に減った2006年から10年後です。そのため、過払い金請求できる権限を持った債務者がますます減るということになります。今から借金を始めても、過払い金を払ってしまうトラブルはほぼ発生しないと考えられるので、過払い金請求の存在は忘れられていくかもしれません。

任意整理も必ず成功するとは限らない

債務整理をする時に、比較的お手頃に実施できることで検討されやすい任意整理。任意整理は、裁判所からの強制執行がない債務整理ですから、金融業者が任意整理に応じない姿勢を見せてしまったら諦めるしかない場合も出てきます。そういった業者には金融庁から調査が入る場合もありますが、あまりおとがめなしになる場合もあるのです。

ならば今後の債務整理はどのように対応して行けば良いのか?

29898c1b293e574b972e09b2f2ceb634_s

滞納し始めた初期の借金に対して、過払い金請求と任意整理は一番やりやすいです。だから、それを実施できないとなれば、個人再生か自己破産を考えなければならないでしょう。

裁判所を使った本格的な債務整理に発展

任意整理と過払い金請求は弁護士相談だけで大丈夫ですが、個人再生と自己破産に関しては裁判も必要とします。かなり本格的なやりとりに発展するため、任意整理と過払い金請求でお手軽に債務整理したいと考えていた債務者にとってはかなり面倒な展開です。

借金減額に対して強制力を使えるというメリットもある

債務整理のやり取りが面倒になるとは言っても、ここまでの展開に発展すれば、裁判所からの強制力を存分に使うことができます。従って、借金をきちんと減額させることができるでしょう。過払い金請求とか任意整理を断ってしまった金融業者でも、さすがに避けることはできません。

費用が増えるというデメリットも

弁護士費用に加えて、裁判費用も用意しなければならないので、この辺りは債務者にとってはかなりのデメリットと言えます。特に債務整理の中で一番高い費用を必要とするのは個人再生ですから、支払いは厳しくなるでしょう。自己破産は個人再生ほど費用がかからないとはいえ安いわけではありません。

自己破産と個人再生では、どちらが選ばれる可能性が増えていくのか?

今後増えていくと考えられる自己破産と個人再生ですが、どちらかといえば個人再生を検討する債務者の方が増えていくでしょう。というのも、自己破産は弁護士に相談しても、積極的におすすめしてくれるものではありません。

債務者が背負っていかなきゃならないデメリットがたくさんあるので、できることなら避けるべきなのです。また、平成15年から自己破産の件数は少なくなってます。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧