債務整理のことが知りたい!大きなメリットと小さなデメリット

MENU

CLOSE

債務整理のことが知りたい!大きなメリットと小さなデメリット

債務整理のメリットは?

cdee66f5ddd02af6025571621e450062_s

借金額が大幅に減らせる可能性がある

債務整理のメリットは今ある借金額が、大幅に減らせる可能性があるということです。債務整理には大きく分けて任意整理、個人再生、自己破産の3つに分けられます。どの方法が一番いいのかは、弁護士に相談をすることで、最適な方法を提案してくれます。

任意整理はいわゆる示談になりますが、利息などが無くなるので、元金だけを返済することができます。また借金返済期間が長い人は、利息を多く払っている可能性があります。過払い金の請求をすることで、多く払った利息分を取り返せる可能性があるのです。

借りたお金は返すのは当たり前ですが、払い過ぎた利息が返ってくれば、より多く借金額を減らせることができます。何年も借金の返済に悩んでいる人や滞納しそうな人は、早く弁護士に相談することをおすすめします。借金額が減らせるなら、これ以上のメリットはありません。弁護士への相談は無料でできるので、相談したことがない人は一度相談しましょう。

督促がストップする安心感

債務整理をする時には、自分で手続するのは複雑なので、弁護士に相談することになります。相談した時点で弁護士が間に入ってくれるので、督促がストップすることになります。もしも滞納しそうな人や、滞納してしまってどうすることもできないという人は、すぐに弁護士に相談した方がいいでしょう。

お金が無いから払えないという態度で相手を無視し続ければ、自分がそれなりの罰を受けることになります。返済する意思を見せるためにも、早めに弁護士に相談をしてアドバイスを受けましょう。

人に知られることなく解決できる

債務整理などの借金問題は、誰にも知られたくはないですよね。もしも会社の人にバレてしまっては、場合によっては降格や昇進に影響するかもしれません。借金で困っている人ほど、信用できないという人は多いものです。

債務整理をするのも誰にも知られないでするには、弁護士に相談しましょう。弁護士には守秘義務がありますし、債務整理に必要な手続きは、すべて弁護士が行ってくれます。

もしも任意整理をすることになれば、後は自分が毎月無理のない返済を続けて完済を目指すだけです。会社だけではなく、家族にもバレずに債務整理をすることができるので、誰にも知られたくないという人には大きなメリットとなります。

債務整理のデメリットは?

583cebf67d3f7aafc7e654ba161b782e_s

クレジットカードが当分の間使えなくなる

債務整理をするデメリットとしては、新たな借金ができなくなったり、クレジットカードが作れなくなるということです。クレジットカードも支払いを先送りして買い物をするので、一種の借金と同じです。クレジットカードは便利ですが、思わぬ買い物で支払いが多くなってしまうこともあります。

債務整理をしてクレジットカードが作れないのは、利用したい人にはデメリットかもしれません。しかしいつも現金で支払いをすれば、何も不自由なく生活することができるので、それほど大きなデメリットとはならないでしょう。ちなみにクレジットカードは5年以上は作れないと言われているので、新たにクレジットカードを作りたい人は余裕を持って作りましょう。

弁護士費用が掛かる

債務整理のデメリットとしては、弁護士費用が掛かるということです。自分の代わりにすべての手続きをしてくれるので、費用が掛かるのは当然です。借金があるのに弁護士費用は払えないという人でも安心できるように、分割払いや減額による成功報酬が多いようです。

弁護士によって金額も変わりますが、弁護士に相談しないで借金を払い続けるよりはお得なのは間違いありません。債務整理には弁護士費用が掛かるデメリットがありますが、トータル的に考えるとそれほど大きなデメリットとは言えないのかもしれません。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧