借金問題の解決方法は一つじゃない?債務整理の5つの選択肢

MENU

CLOSE

借金問題の解決方法は一つじゃない?債務整理の5つの選択肢

債務整理の相談は全体像を理解してから検討しよう

7d6d1c13079725e84ebb7d5157b487da_s

弁護士へ債務整理の問題について相談したとしても、すぐに解決できるわけではありません。しかるべき流れでしかるべき対応が必要となる為、それなりの時間がどうしても必要となってしまうものなのです。しかしながらその全体像を理解せずに、いきなり弁護士へ相談してしまう人が少なくありません。

確かに弁護士に依頼すれば、ある程度は任せることはできるかもしれません。しかしぬかり無く対応する為には依頼者自身も全体像を理解しておく必要があるのです。債務整理の借金問題は簡単に解決できるものではありません。人によっては自己破産になるかもしれません。

また個人再生が必要になるかもしれません。いずれにせよ、債務整理問題に対しては弁護士への依頼後も慎重に対応しなければならないのです。

相談の選択肢は弁護士だけではない

e1943564da8c59c251b0311afac0d519_s

債務整理の問題に対応できるのは、実は弁護士だけではありません。司法書士でも対応は可能です。しかしながらそれは借金の金額が小さい場合です。ある一定以上の金額で複雑なものとなると、やはり弁護士にした対応はできません。

しかし140万円未満であり、尚且つ任意整理、という案件であれば司法書士でも相談可能です。しかし実際に弁護士に相談するのか、司法書士に相談するのか、それは冷静に判断しましょう。何故なら借金問題の対応としては弁護士の方が沢山のプランを備えている可能性があるからです。

勿論優秀な司法書士も探せば出会える可能性はあるので、それは司法書士への依頼を否定できるものではありませんが、問題が少しでも複雑だと感じる場合は弁護士へ相談した方が懸命な判断と呼べるかもしれません。

無料面談を受ける際は借入資料を入念に準備しよう

0658de3ac9032f5f266c427b11b98750_s

債務整理、借金問題について相談する際は手ぶらではいけません。必ず現在の借入状況を一目すればわかるような状態に、資料を整理していきましょう。何故なら相談の結果、過払い金の返還となるのか、自己破産となるのか、滞納している借金がどの程度減るのか、それは用意された資料からしか、弁護士も判断できないからです。

相談した弁護士に誤った情報を出してしまえば、その先もその情報を前提にして計画が進んでいくことになりかねません。そうなってしまうと、どうにもならない最悪の結果になる可能性があることは想像できますよね。したがって、借り入れ状況を整理することは欠かせないのです。

そして弁護士の先生への相談が終わればほとんどの場合、先生からは対応の提案がります。その提案を受け入れるのであれば、契約書に捺印、署名することで契約が成立するわけですが。しかしこれは必ず受け入れなければいけないわけではありません。

他の弁護士事務所と比較検討する場合は、検討する旨を伝えて丁寧に持ち帰っても問題はありません。では相談の際は具体的にどのような情報を整理していくべきなのでしょうか。その一覧を以下にまとめます。

返済領収書を束ねて用意しておく

返済が済んだ金額の領収書を保管していた、ということが大前提になりますが、返済領収書を準備していきましょう。それがあまりにも大量になる場合は、返済記録を記している帳簿でも代用できるかもしれません。しかし記入ミスなどがあれば計算が狂いかねませんので、極力返済領収書を持参しましょう。

利用している金融機関の利用明細書

金融機関からの明細書もしっかりと準備していきましょう。最近はネットからある一定期間まで溯ってプリントアウトすることができるので、きちんと印刷して準備しましょう。

クレジットカード会社の利用明細書

これは金融機関と同じように、ネットから印刷していきましょう。支払い情報だけでなくリボ払いがある場合、はそれもしっかり印刷することを忘れてはいけません。

ローンに関する金融機関との契約書

クレジットカードローンを含めて、今あるローン契約の契約書類はまとめておきましょう。今までしっかりと返済してきているのであれば、その返済領収書も持参することは忘れてはいけません。

借金問題の債務整理方法にはどのような手段があるのか

2bdbd18feac7a37be0fa2096c511e577_s

借金はその金額が大きくなればなる程、金利によるダメージが増えていきます。もしくは最初は小さな借金でも滞納が続くことで金利により借金は膨れ上がる性質があるのです。その結果として借金がどうしようもなくなるケースは決して少なくありません。

そしてそのようなどうしようもなくなった時に、救いになるのが弁護士への相談であり、債務整理なのです。しかしながら具体的にどのような債務整理の方法があるのか、認識できてない人も多いのではないでしょうか。先ほどもお伝えしたように、債務整理問題を解決する為には、全体像を理解することが大切です。

問題解決のプランについても、一つではなく複数の選択肢のメリットやデメリットは理解しておくべきなのです。そこでここからは債務整理の方法について紹介します。

過払い金返還請求とはどのような対応か

過払い金返還請求の対応が必要となるのは、かなり限られたケースですが、悪徳な消費者金融から違法なくらい高い金利を請求されていて、尚且つそれを真面目に返済し続けていた人に当てはまる対応です。これに当てはまる場合、利息を払い過ぎている可能性が高い為、返金を受け取れる可能背が高い対応方法の一つです。

特定調停の申し立ては債権者からはじまる

特定調停は、まさに弁護士の手腕が問われる対応の一つです。基本的には借金を返済している債権者の申し立てによりはじまります。ほとんどの場合、その主な目的は返済条件の軽減です。これは簡易裁判所で実施されますが上手くいけば借金の整理が可能です。

多重債務の場合は個人再生対応となる場合もある

個人再生は簡易裁判所ではなく、裁判所で行われる債務整理手続きの一つです。目的は特徴調停と同じく借金の減額、軽減です。基本的には多重債務で苦しんでいる個人の救済策としてできたものです。

自己破産となれば必要最低限の財産以外は残らない

債務整理をしてもどうしようもないくらい行き詰っている人が取ることが多い対応がこの自己破産です。しかしこの自己破産は、生活できる最低限の財産以外が全て失われる、というデメリットがあります。それにより借金が免除となるわけですが慎重な判断が必要な対応の一つです。

任意整理とは何か

任意整理は借金を整理することを意味します。基本的には合法的に法律に沿って借金を整理していく対応となります。基本的には裁判所を介さないで、借金を減らす交渉を実施します。

これらはあくまでも代表的な対応の一部ですが、このように借金問題は人により置かれている状況が異なり、その個人の状況と同じだけ、個別の対応方法があるのです。そして最終的にはどのような対応をとることが適しているのか、それは本人でしか判断できません。

だから弁護士への相談は、無料相談の段階で複数の意見を聞いていくことが大切なのです。債務整理の対応方法を紹介したように、メリットだけの対応は存在しません。弁護士費用が発生する、という時点で既にデメリットとも考えられるかもしれませんが、どのような対応が本当に良いのかは、簡単に判断できるものではないのです。

しかし依頼者に寄り添って考えてくれる弁護士は、法律的な話だけでなく、良心的なアドバイスをしてくれる場合も少なくありません。だから弁護士に相談する時は、実績だけでなく、人柄も見極めることを忘れてはいけません。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧