意外と知らない債務整理の種類と弁護士事務所の選び方

MENU

CLOSE

意外と知らない債務整理の種類と弁護士事務所の選び方

債務整理は大別すると4種類に分けられる

b285886de0f8caac0708e2584b96f967_s

任意整理

簡単にいうと貸す側と借りている側の話し合いを行い、削減やカットをしていくことです。大幅に削減される事は滅多にありませんが、返済の負担を減らす事ができます。その分、返済期間は長くなるケースが多いようです。最近、良く耳にするようになった過払い金の請求に関しては任意整理の中で行っていきます。

特定調停

簡易裁判所に協力をしてもらいながら進めていく整理です。

個人民事再生

裁判所に個人民事再生を申し立てる事で借金の減額を行う事です。原則として3年以内に返済を行う必要があります。

破産

滞納などが続き、返済ができなくなってしまった場合は裁判所に破産を申告します。財産はすべて処分し返済にあてます。それでも返済できない部分については裁判所の判断で免除となります。

借金問題や債務整理などの相談は年々多くなっている傾向があり、それに付随して相談の窓口も増えてきています。今ではテレビCMやラジオ、雑誌等で目や耳にすることが多くなった弁護士事務所ですが、ではどのような弁護士事務所を選ぶのが良いのでしょうか。

しっかりと相談してもらえる弁護士事務所を選ぶ

fc74926b2377d7da7f233a7201ed8fc8_s

良い話だけでなく、リスク面の話もしてもらえるか

数多くの弁護士事務所がある中で、借金問題や債務整理など、どこよりも親切に、丁寧に対応をしますというのは容易に想像がつく点です。簡単に言えば競合他社が多い中で、相談する側もしっかりと見極めなければいけないという事です。

深く細かい相談に応じてくれる事はもちろん、リスク面の話をしてもらえる事が大きなポイントとなります。どんな業界でもそうですが、悪い例のパターンとしては

  • 愛想が悪い
  • 待たせる
  • 連絡がない
  • マニュアル通りの返答
  • 早口で専門用語ばかり話す

などが挙げられると思います。相談者の立場にたてる人は自ずと喋り方や使う言葉などが変化してきます。評判や口コミを鵜呑みにせず、しっかりと見極めることが大切です。

対応の速さで判断する

ここで想像をして頂きたいのですが、皆様は真剣に相談に応じているとき、どの位の速さで返信や回答をするでしょうか。当然、身内や親友など大切な人であればあるほど、大事な案件であればあるほど、レスポンスも早くなると思います。弁護士事務所も例外ではなく、しっかりと対応をしてもらえる事務所は返信も早いです。

  • メールの返信が遅い
  • 電話の回答がない

上記などは注意しなければいけないポイントです。本題を相談するまでに、ある程度のやり取りを行い判断をすることも重要なポイントです。

料金は明確になっているか

相談する内容について明確な費用の提示があるかを必ず確認しなければいけません。悪徳事務所などは莫大な費用の請求をするケースもあるそうなので、事前にHPや電話等で確認をしておくと良いかもしれません。

多くの弁護士事務所は相談までは無料で行っていることが殆どです。また減額報酬などは事例などにもよりますが、5%〜20%の報酬となっている事が多いようです。

契約書の内容が明確になっているか

相談も親切にしてもらえるし、料金も明確であれば残すは契約書を交わすことになると思います。意外と契約書に関するトラブルも多く散見されているので、しっかりと契約書の内容を確認することが重要です。

契約書に書かれる内容としては対応案件の内容、弁護士報酬、実費や預かり金、解約、秘密保持などが明記されていると思います。できれば落ち着いた場所でゆっくりと確認をしたい書面である為、可能であれば数日時間をもらうのが良いかと思います。

その場でのサイン、捺印は避けたほうが無難です。いかがでしょうか。相談する側もしっかりとした事前準備が必要な事がご理解頂けたと思います。

困ったときに相談をする事は決して悪いことではありません。むしろ相談を出来ない人のほうが多いかもしれません。上記のポイントをご確認頂き、今後の環境を変える良いきっかけとして頂ければと思います。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧