債務整理・任意整理・自己破産と過払い金請求の違い

MENU

CLOSE

債務整理・任意整理・自己破産と過払い金請求の違い

もし返せない借金ができてしまったらどうしますか?

852e4fe71f25aae5905ad115fa22b971_s

返したくても返せなくなった借金があったとしたら、あなたならどうするでしょうか?「自分は滞納するほど借金をしないから大丈夫 」と思っている人もいるかもしれませんね。

しかし、借金問題はごく身近なところで存在しているものです。決して他人ごととは言えません。ギャンブル、飲食、おしゃれ、など身近な理由をきっかけに借金は膨れ上がってしまうケースが多いのです。

返済が難しくなってしまった借金は債務整理をしよう

返済が厳しい借金は債務整理をするのがおすすめです。債務整理とは、法的に借金を解決することができる方法となっています。代表的な債務整理だと自己破産があるのですが、それ以外は意外と知られていないのが実情です。

債務整理と言えば「破産」というワードがイメージできるかもしれませんが、意外と簡単に取り組める債務整理もあるのです。今現在借金で苦しんでいる人も、今は借金がない人も、これを期に債務整理をしっておきましょう。

債務整理の種類について

9d06d5b2673addd72bcee5f0a447571b_s

一言で債務整理と言っても、その方法は一種類だけではありません。いくつかある中でも特に代表的なのは、任意整理、自己破産、過払い金請求です。それでは、それぞれの債務整理の特徴をピックアップしてみましょう。

裁判所を通さない任意整理

任意整理は話し合いを中心にして借金を整理する方法です。ですから、裁判所を通さずに金融会社と相談をすることになります。弁護士の協力が必要となりますが、家族に内緒で借金を作っている人でも家族にバレないように任意整理できるくらい手軽な方法です。

任意整理をすると、後の利息はカットすることができるので支払いがかなり楽になります。今ある借金が半額程度になる可能性もあるほどです。債務整理の中でも一番ダメージが軽い内容となっていますから、債務整理を検討している人は、まずは任意整理から相談してみると良いでしょう。

借金がチャラになってしまう自己破産

自己破産は「人生の再スタート」を切ることができる債務整理です。最大のメリットは借金をチャラにすることができるということでしょう。これにより人生を一からやり直すチャンスをもらうことができるのですが、メリットよりもデメリットの方が目立つ債務整理なので、自己破産をする時には注意が必要です。

特に、所有している財産は差し押さえられてしまいますから覚悟をしておきましょう。例えば、一軒家やマンションを手放して賃貸に引っ越さなければなりませんし、車を所有していればそれも差し押さえられてしまいます。さらには、今後クレジットカードを作ることが難しくなるため、新たに借り入れをしたくてもすることができません。

今利用しているクレジットカードでカード払いをすることもできなくなります。職業によっては、一定期間その職につけないというケースもあるのです。自己破産は債務整理の中でも一番ダメージが大きなものですから、今後の人生のことも考えて、よく検討してから行うようにしましょう。

払いすぎた利息が戻ってくる過払い金請求

「過払い金」というワードをテレビCMで頻繁に見かけるようになりましたね。一昔前までは金利が曖昧だった時代がありました。しかし、今では法的に金利が見直されています。そのため、古くから借金の返済をしている人は利息を払いすぎている場合があるんです。

その払いすぎた利息を過払い金と呼んでいます。過払い金請求は具体的には任意整理で行うことになるので、任意整理と同じく、話し合いを中心に行います。ですから、裁判所を通す必要がありません。しかし、やはり弁護士の協力は必要不可欠でしょう。

過払い金の返金は100万円以上に及ぶケースも珍しくありません。場合によっては過払い金請求をするだけで、借金が無かった事になってしまう場合もあるのです。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧