過払い金請求できないケースがあることを知っておこう 

MENU

CLOSE

過払い金請求できないケースがあることを知っておこう 

借金が0になってしまうケースもある!知っておきたい過払い金請求のこと

d4eb3c7f5ff0a6d1db2486e253d6fabe_s

債務整理といえば昔から行われている借金整理の方法です。滞納しはじめたときに使われやすいですよね。自己破産や個人再生が有名でしたが、数年前から「過払い金請求」という債務整理が注目され始めました。

過払い金請求を行うことで大きなメリットがありますから、是非とも行いたい債務整理です。過払い金というのは債務者が気づいていないところで発生しているものですから、確認するためには弁護士に相談をした上で、借金をしていた金融会社に直接問い合わせなければなりません。

「過払い金は自分にはないかもしれない 」という確かな確信がない場合でも確認をすることができますから、是非確認をしてみてください。

そもそも過払い金請求とは?

過払い金請求とはどのようなものなのか?あまりよく知らない人のために簡単に説明しておきましょう。金融会社がお金を貸し出す時には金利の上限が決められています。これが「利息制限法」という法律です。具体的にどのような権利の制限になっているかというと

  • 10万円未満の借り入れなら上限金利は年率20%
  • 10万円以上100万円未満の借り入れならば上限金利は年率18%
  • 100万円以上の借り入れならば上限金利は年率15%

という風になっています。

このように見てみると、合法に借金をしていたとしても金利というのは決して安くないことがわかりますよね。行き違いにより、この条件金利を上回る借入をしていた場合は、払いすぎていた利息を取り返すことができるのです。これを過払い金請求と呼んでいます。

過払い金の請求は高額になると100万円をオーバーすることもあるのです。これだけの過払い金が発生しているケースならば、「まだ返済途中だった借金が既に払い終えていた」という事実が判明することも少なくありません。

過払い金を回収できないケースもあるの?

9f9facac4903cbdc381f405a431c796f_s

過払い金請求をきちんと行うには弁護士に相談するのが一番です。個人で行えないわけではないのですが、手続きが難しくなっていますから、やはり弁護士に任せてしまった方が間違いが少ないでしょう。しかし、状況によっては過払い金を回収できないケースも存在しているのです。そこで今回は、過払い金の回収ができない3つの原因をピックアップしてみましょう。

時効を迎えてしまった

過払い金の請求には時効が存在しています。最後に取引をした日から10年以内に請求しなければなりません。最後の取引とは「完済日」のことです。時効になった後で過払い金請求をするのはかなり難しいので気をつけるようにしましょう。

金融会社が倒産してしまった

経営不振で金融会社が 倒産してしまうケースも決してないとは言えません。請求先の金融会社がなくなってしまったとなれば、過払い金を請求したくても不可能になってしまいます。

「テレビCMで頻繁に見かけるような大手の金融会社ならば倒産の心配はないだろう」と思っている人も多いかもしれませんが、必ずしもそうとは限らないものです。2010年には、テレビCMで有名だった大手の消費者金融が事実上の倒産を 迎えています。

過払い金請求が頻繁に行われている近年では、過払い金の返還が増えすぎた為に倒産してしまったというケースもあるようです。

違法業者からの回収はできない

この場合の違法業者というのは、いわゆる「闇金融」のことです。過払い金の請求ができるのは、法律に則っている金融会社だけと定められています。また違法の金融会社というのは、住所や会社名がでたらめなケースも多いです。

相手の詳細がわかっていない限りは、過払い金請求をすることはできません。そのため、いくらお金に困っているとは言え闇金融業者から借金をするのは避けるようにしましょう。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧