債務整理で借金が減る!メリットとデメリットを知って利用しよう

MENU

CLOSE

債務整理で借金が減る!メリットとデメリットを知って利用しよう

返済額を減らせる債務整理の3つの種類

ccac6fdf006dc3c172d393304425530a_s

債務整理で共通する利点と注意したい点

借金がかさんで返済の目途が立たなくなってしまった際に、それを減額する手段として債務整理が利用されます。一口に債務整理といっても種類があり、メインとなり利用者の多い任意整理、知名度は低いものの借金額を大幅に減らせる個人再生、そして借金額を0にできる自己破産が主なものです。

任意整理は示談を行いますが、個人再生と自己破産は公的機関を通して行われます。どれを選択するにしろ手続きが複雑化しますので、個人で行うには困難なため多くの場合は弁護士や司法書士などの法の専門家に相談をするのがベストです。

債務整理を依頼すると高額な費用がかかると思われがちですが、借金に悩んでいるかたの依頼の場合にはかなり融通を利かせてくれる弁護士や司法書士が多いのもいい点です。また、契約をした後は債権者へ受任通知が行きますので、返済請求がストップします。その間に支払計画を立てていけますので、心身共の余裕ができるのもメリットです。

債務整理で共通するメリット

  • 借金の返済額が減らせる、または0にできる
  • 滞納に対する度重なる督促をストップさせられる
  • 家族や友人に内緒で手続きを行える

ただし弁護士費用が別途かかること、また信用情報機関に事故情報としていわゆるブラックリストに載ることになりますので、新規の借入が一定期間できなくなるのがデメリットです。

任意整理について

裁判所を通すことなく債務者と債権者とで話し合いを行って返済計画を立てていく方法です。高い金利でお金を借りていた場合は過払い金請求もできますので、かなり返済額を減らせます。

任意整理を行うメリット

  • 債務整理を行う借入先を選択できる
  • 整理対象とした債権者からの督促を止められる
  • 過払い金返済請求ができる
  • 財産は一切差し押さえられない

示談で借金額を減らせますがその話し合いに応じてもらえない場合もありますし、必ずしも債権者が債務者の条件を飲んでくれるとは限りません。また、過払い金がない場合には大きく返済額が減らせないことを留意してください。

個人再生について

裁判所に申立てを行って借金総額を100万円、または5分の1に減額することができます。残りの金額は3年で完済させなければなりませんが、任意整理に比べると大幅に借金を減らすことのできる制度です。

個人再生を行うメリット

  • 借金の大幅な減額が期待できる
  • 弁護士に依頼した段階で督促が止まる
  • 借金をした経緯を問われることはなくどんな借金にも適用できる
  • 住宅ローンを残せる

しかし、申し立てには安定した収入があることが条件です。個人での手続きは難しいので弁護士や司法書士の手助けが必要となります。

自己破産について

任意整理や個人再生を行っても返済が不可能なほど多額の借金が残ってしまう場合に、裁判所に申立てを行って借金額を0にする制度です。

自己破産を行うメリット

  • 安定した収入がなくても適用される
  • 借金が0になる

ただし、自己破産を行うと住宅や一定金額の預貯金、生活必需品以外の財産は全て差し押さえられてしまうことになります。また、状況によっては周囲に発覚してしまいやすいのがデメリットです。

債務整理を行う際に必要となるもの

1cd3687f2a03510c8143659a519a5ccd_s

依頼する前に準備しておこう

弁護士や司法書士に債務整理の手続きを依頼する場合には、いくつか用意しておきたいものがあります。

  • 身分証明書

運転免許証や保険証、またはパスポートなど本人確認できるものを持参してください。

  • 債権者の一覧

借入先の業者名や借入明細などがわかるものを持っていくと話がスムーズになります。

  • 印鑑

契約時に必要です。認印で問題ありません。他にも、闇金からの借入がある場合には取り引きの状況がわかる書類などを持って行きます。

また、どういった債務整理の方法が適しているのか判断するために、資産や不動産を所持していれば登記簿謄本などその状況を説明できるものを整理して持っていくと便利です。不明な点があれば依頼したい事務所に連絡をして事前に確認をしておいてください。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧