過払い金の請求で借金が一気にゼロになるケースも

MENU

CLOSE

過払い金の請求で借金が一気にゼロになるケースも

借金している人は知っておきたい過払い金のこと

b8e534d0b4eb1805cd6cce879ef9bb25_s

今の日本にはたくさんの金融業者が存在しています。優良企業も多いですから、比較的簡単にキャッシングできますよね。そのため、ついつい借りすぎて利息が膨らみ、滞納してしまうこともあるでしょう。金融業者には「利息制限法」というものが定められており、利息の制限があらかじめ決められています。

しかし、状況によってはその制限を超えた利息を支払っているケースがあるのです。利息制限法の制限金利は次のようなものとなっています。

  • 元本が10万円未満のケースは年利20%
  • 元本が10万円から100万円未満のケースは年利18%
  • 元本が100万円以上のケースは年利15%

2006年に「グレーゾーン金利」を認めない判断が下されて、金利制限法が一本化されました。

グレーゾーン金利とは?

もともとの利息制限法というのは、先ほど紹介した利息だったのですが、出資法による制限金利は29.2%となっていました。そのため、食い違いが生まれていた金利があり、それをグレーゾーン金利と呼んでいたのです。そのため、2006年よりも前に借金をしていた人は過払い金を支払っていた可能性が十分に考えられます。

過払い金請求をすると借金がチャラになるケースがある!

8d2e7f51155fb45a7ad8535e8d626f94_s

今現在、借金を払い続けている人は、過払い金の請求をすることで、借金を大幅に減額させることが可能です。さらには、一気に借金が0になるケースも珍しくありません!それだけではなく、過払い金が手元に帰ってくる可能性も十分にあるんです。

ここまで聞くと、過払い金請求に興味を持った人たちも多いのではないでしょうか?では、過払い金請求のやりかたを説明していきましょう。

過払い金請求に必要なのは債務整理

債務整理は、借金を少なくしてくれる方法です。これを行わないことには過払い金請求はできません。債務整理は難しそうなイメージがあるかもしれませんが、基本的には弁護士にすべてお任せするため、苦労することはほとんどないでしょう。

債務整理の中でも「個人再生」や「自己破産」などは裁判所を介して行うのですが、過払い金請求の場合は、裁判所を介さない「任意整理」というものを行います。裁判所を介さない代わりに、借金をしている消費者金融と直接相談することになるのです。

この時の相談も弁護士がやってくれるので手間はかかりません。借金の返済に苦しんでいる人はぜひ利用するようにしましょう。

気をつけて!過払い金請求にはタイムリミットが迫っている

過払い金請求はいつでもできるというわけではなく、期限が定められています。それは、完済してから10年以内ということです。金利の見直しが図られたのは2006年のこと。そして今は2016年です。グレーゾーンが廃止されてからもう10年が経過することになります。

そのため、2016年前後で借金を払い終えている人は、過払い金請求のタイムリミットが迫っていますから要注意!過払い金を請求することにより、数十万から数百万円単位で帰ってくるケースもありますから、心当たりのある人は急いだ方がいいですね。

2006年以前に借金を始めて、2007年以降も借金返済していた人はまだ大丈夫ですが、やはり早めに問い合わせした方がいいでしょう。ただし、2007年以降に新規での借り入れを行っている人は、過払い金の発生はほぼありません。

ですから、過度な期待は持たない方がいいでしょう。それでも、念のために調べたい人は、弁護士に相談してみるといいかもしれませんね。

過払い金請求のデメリット

過払い金請求はメリットだけではなくデメリットもあります。

  • 消費者金融のブラックリストに登録されてしまう
  • 過払い金請求した消費者金融からは二度と借りれない

このようなデメリットがありますから、今後も何かしらの形で借り入れを予定している人は慎重に手続きを行うようにしましょう。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧