債務整理をするデメリットは少ない!借金苦の人は今すぐ相談!

MENU

CLOSE

債務整理をするデメリットは少ない!借金苦の人は今すぐ相談!

債務整理をするデメリット

0a88ddcc9d0a22c9f3424d81818b8b9f_s

クレジットカードが作れなくなる

債務整理をする時のデメリットのひとつは、クレジットカードが作れなくなってしまうということです。クレジットカードは後払いシステムなので、信用がなければ利用することができませんよね。債務整理をする人は貸したお金を返すことができなかったということで、信用が無くなってしまいます。

そのためクレジットカードを作れなくなってしまうのです。何年間作れないという具体的な数字は決まっていませんが、一般的には7年ほどはクレジットカードが作れないと思っていた方がいいでしょう。普段クレジットカードを使っていない人にとっては、あまりデメリットとはなりません。

またクレジットカードを使わない現金での生活の方が、お金の管理もしやすくなります。債務整理をする人にとってはデメリットというよりも、生活を再建するためにはクレジットカードを使わない方がいいので、大きなデメリットにはならないでしょう。

弁護士費用が掛かってしまう

債務整理をする時には自分で手続きをすることもできますが、弁護士に相談を仕手お任せした方が確実です。初めの相談は無料で行ってもらえますが、いざ債務整理をするとなれば、手続きなどで費用が掛かります。弁護士費用に関しては、着手金や成功報酬によってさまざまです。

借金に困っている人にとっては、弁護士への支払いも気になるところです。お金に困っている人に変わって無理のない返済計画を立てるのが目的なので、弁護士への費用が掛かっても、トータルでは大幅に得をすることになります。

着手金は1社いくらというふうに決まったり、過払い金の減額分によって成功報酬を取ることになります。弁護士費用は掛かりますが明らかに返済が楽になるので、費用が掛かるデメリットはありますが、安心して弁護士に任せられることができます。

デメリットよりもメリットが多い理由

2d156dca4991b3eead32f7dba7b507e3_s


債務整理によって自分にあった返済方法が選べる

債務整理には任意整理、民事再生、自己破産の3種類があります。債務整理をする時に自分に合った方法が分からないという人も、弁護士が最適な方法を提案してくれます。自己破産しかないと思っていた人でも、任意整理によって問題解決できるかもしれません。

特に返済を滞納してしまった人にとっては、自己破産しか方法がないと思ってしまいがちなですが、弁護士への相談によって違う方法を提案してもらえます。弁護士が味方に付いてくれればそれだけでも安心ですよね。弁護士に相談すれば、最適な方法が選べるのは大きなメリットと言えます。

過払い金があれば借金額が大幅減額できる

債務整理と合わせてやりたいのが過払い金の請求です。任意整理と一緒に過払い金を請求することで、大幅に借金を減らせることができるかもしれません。過払い金は出資法と利息制限法の利息の差によるもので、本来払わなくてもいい利息を払わされてきたことが要因となっています。

そのため多く払ってきた利息を取り戻すことができるので、借金の元本を減らすことができるのです。長年借金を払い続けていた人ほど、過払い金が多くなっています。

そのため200万円あった借金が、任意整理と過払い金によって100万円以下にまで減らせる人もいます。人によっては過払い金の方が借金額より多くなっていれば、お金をもらうこともできます。過払い金を請求するのは当然の権利なので、早めに行うことをおすすめします。

弁護士にお任せで誰にもバレずに問題解決できる

借金をしている人にとって、誰かに借金があるのがバレるのは大きなデメリットとなりますよね。債務整理は誰にもバレずに弁護士に相談をして手続きすることができます。家族にも会社にもバレずに行えるのは、一人で借金問題に悩まされてきた人にとっては大きなメリットですよね。

借りたお金は返さなければいけませんが、人によって収入も状況も変わっていきます。借金の返済に苦しむと、生活自体も苦しくなってしまいます。特に誰にも相談することができない人にとっては、弁護士は頼りになる存在。借金問題を相談して、生活を立て直したいものです。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧