確実に借金をなくすために知っておきたい債務整理のこと

MENU

CLOSE

確実に借金をなくすために知っておきたい債務整理のこと

借金を抱えている方必見!必ず知っておきたい借金の整理の仕方

c13994f3b2ce5440b9fdcaffecb7d398_s

借金を抱えている多くの皆さんには共通の悩みというものがあります。

  •  相談できる人が見当たらない
  •  滞納してしまう程借金の返済が苦しい
  •  法律に関することがわからない
  •  返済の目処が全くつかない

などです。

このような悩みから解放される方法があるのを知っているでしょうか?それは債務整理です。最近は、テレビや街中、電車の広告などで頻繁に見かける機会がありますから、知っている方もすでにいらっしゃるかもしれませんね。

でも実際に債務整理に踏み切っている人は少ないかもしれません。債務整理をすると法的に借金を整理することができますから、お金に困っている人は是非とも取り入れておきたい方法です。

債務整理にはどんな種類があるのか?

29898c1b293e574b972e09b2f2ceb634_s

債務整理には5つの方法が存在しています。任意整理、特定調停、民事再生、自己破産、過払い金返還です。それぞれの債務整理について簡単に説明をしてみたいと思います。

任意整理

任意整理をする上で理解しておきたいポイントは、「公的機関を通す必要がない 」「払わなくてよい利息を取り返せるケースもある 」「取り立てをストップさせることができる」ということです。

任意整理を行うときには金融機関と直接やりとりすることになりますので、説得力のある交渉術が必要不可欠。専門的な用語も飛び交いますから、債務者が個人で行うケースはほとんどありません。弁護士や司法書士に相談するのが一般的となっています。

特定調停

特定調停は専門的な知識は必要としていないため、弁護士の協力を必要としなくても個人で借金を整理できる方法です。特定調停をするときのポイントとメリットは「個人で手続きができるので費用が安い 」ということです。借金で悩んでいる以上はお金に困っている人が債務整理をするわけですから、これは助かるポイントですよね。

ただデメリットもあります。個人で手続きをするわけですから何度も裁判所に足を運ばなければなりません。時間がかかってしまいます。きちんと働いている人は、根気強く続けなければなりません。そのため、費用が安いとはいえあまり選ばれていない債務整理です。

民事再生

民事再生は住宅ローン以外の借金を減額させることができます。代表的なポイントとメリットは「住宅などの財産を手放す必要がない 」「3年以内に返済することを条件として1/5まで減らせる可能性がある 」などです。

用意しなければならない書類が多いため、弁護士への相談は必要不可欠です。3年以内に返済しないといけないルールがありますから、継続的に収入が見込めることも条件となっています。

自己破産

借金の返済が完全に不可能になってしまった人のために 国が定めた救済方法です。自己破産の一番のメリットは「借金が帳消しになる」ということです。特別な資産が無い場合には手続きもすぐに終了してしまいますから長期化することがありません。

ただ、車やマイホームなどを始めとした一定の財産を手放さなければならないので、後のダメージが大きい債務整理となっています。そのため、自己破産を考えている際にはじっくり考えるようにしましょう。借金を帳消しになるのは魅力的かもしれませんができるだけ避けた方が無難です。

過払い金返還請求

法律で決められている金利に基づいて、過払い金が返ってくる制度です。過払い金請求は現在借金を返済中の債務者だけではなく、既に借金を払い終えている債務者でも請求することができます。過払い金返還請求は借金していた金融会社と直接交渉をすることになりますから、任意整理と同じく、交渉力が必要です。やはり弁護士の専門的知識にサポートしてもらった方がいいでしょう。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧