民間だけじゃない!借金問題の相談におすすめの便利な公的機関

MENU

CLOSE

民間だけじゃない!借金問題の相談におすすめの便利な公的機関

首が回らなくなった借金問題で困ったときの相談窓口について

e31f36e1593b36218975e8d813072ded_s

あらゆるトラブルに対応している国民生活センター

借金問題に関わらず、国民が商品購入やサービス利用に関するトラブルに巻き込まれてしまった際の相談や苦情を受け付けている機関です。

  • 悪徳商法
  • 詐欺
  • マルチ商法
  • ねずみ講
  • 多重債務

などで金銭トラブルに巻き込まれたり、借金がかさんで個人では対処できなくなった際に今後どう対応していけばいいのかアドバイスをもらうことができます。公的機関の中でもアクセスしやすく、相談費用がかからないため足を運びやすいところです。

借金の問題に関しては債務整理についても話を聞けますので、法的解決を望むのであれば弁護士などに継続して依頼手続きをすることも可能です。そもそも債務整理とはどういったものなのかという説明を聞くこともできますので、まずは利用してみるのがおすすめです。

市役所や町村役場などの自治体

どこに住んでいても利用しやすいのが最寄の自治体の窓口です。債務整理などの相談を行いたいけれども利用したことのない法律事務所ではハードルが高いという場合であっても、自治体が設けている借金問題の相談窓口であれば話を聞きに行きやすくなります。

過払い金が発生している可能性がある場合などに気軽に相談に行くのもおすすめです。相談費用は無料で、より踏み込んだ法律などに関する相談実施日は広報誌で確認できます。

お金がなくても弁護士に依頼できる日本司法支援センター

借金問題や債務整理について低額で弁護士に相談することができるのが日本司法支援センター、通称法テラスです。全国に事務所があり通いやすいことと、収入や財産が一定以下であれば無料で法律相談をすることができます。

借金が多額になっている、多重債務でいくつもの債権者からお金を借りているという場合にはほとんどのかたが無料で利用することができます。相談だけではなく債務整理の手続きに移行したいという場合にも引き続き依頼をすることができます。

その際の弁護士への報酬も日本司法支援センター基準となり、通常弁護士に依頼をするときよりもかなり安く、費用を抑えられるのがメリットです。一括で支払えない際には利息なしで分割払いができるなど、借金に悩んでいるかたに便利な仕組みになっています。

滞納している借金を減らしたい、自己破産をしたいなどどういった債務整理が適しているのか、まずは相談に行ってみるのがおすすめです。ただし、利用者が多くかなり混み合いますので、早めに利用予約を入れるようにしてください。

公的機関の相談窓口を利用する前にやっておきたいこと

7d6d1c13079725e84ebb7d5157b487da_s

自治体の受付時間の確認

特に都道府県や市町村の相談窓口の利用を考えている場合には、受付をしている時間帯に気をつけてください。電話受付に関しても9時から17時程度までになっていることがほとんどです。日中働いているかたの場合には受付時間に連絡を取ることが難しいということもありますが、基本無料で相談に乗ってもらえることや安心できる公的機関であるというメリットは大きくなります。

最終的に弁護士に依頼することを考えていても、その弁護士までに依頼を引き継いでもらえますので便利です。可能な限り時間に融通を利かせて利用をしてください。

どのくらい借金を減らせるかネット診断をしてみる

実際に債務整理でどのくらいの借金減額が見込めるのか、インターネットを利用して匿名で診断をしてもらうことができます。費用も無料なので、実際に各機関に相談に行く前に大まかな目安として把握しておくといいでしょう。月々の返済額まで詳しくシミュレートできますので、自身の現状を把握して冷静な相談ができるようになります。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧