周りの人は大丈夫?借金をしやすい人の特徴とその心理

MENU

CLOSE

周りの人は大丈夫?借金をしやすい人の特徴とその心理

借金をしてしまう人とは

f26cd4ade3db0f4f1b6f0c1fedff0ace_s

一度借りたことがある人

借りる前は「取立てが怖い」「会社や周りにばれるのでは」「破産などの債務整理が怖い」など色々借りた後のことが気になり躊躇してしまいます。しかし一度でも借りてしまえば意外に思っていたほどの事態は起こらず実際気軽に借りることができてしまうことを覚えます。

初回は流石に借りてしまったふがいなさや罪悪感を感じるかもしれません。しかし、一度借りてしまえば会員カードもでき次回以降はもっと楽に借りることができます。また、借金が手軽にできることを知っていますので「返せばいいから」と次回以降も費用の工面方法として利用してしまいます。

「最初の借り入れ」、これが借金を何度もしてしまう人の最初の入り口とも言えるかもしれません。対策としてはとにかく最初の借金をするという選択肢をことごとく排除し、もし困った際は他の方法を模索するといいでしょう。

一時的にでも裕福な暮らしをしていた

過去に給料面が高く安定していた、ギャンブルで勝ち続けてお金があるなどある程度お金がある状態だったけれど、現在はそれほど収入がない状態の人も借金をしてしまう特徴としてあります。

このような人はお金があった時期に生活にかかる費用額が上がってしまっていて金銭感覚が高いままで収入が落ちてもなかなか戻せないようです。そのため、以前の生活の質を維持しようと借金をしてしまい借金の総額も大きくなりやすく最終的に債務整理となるまで借りてしまう可能性があります。

こういう場合、今の状態が認められないという心理からきていることもありますのでまずは自身の収入面から今の状況を認めることから始めてみるといいでしょう。

ギャンブルに良く行く

ギャンブルをする人全てがこの通りではありませんが、ギャンブルは人間の射幸心を大きく煽ります。これはなかなか抗い難く、その場の雰囲気というのもあり借金をしてしまう可能性があります。

また、以前ギャンブルで勝利したことがあるなどして、ある程度いい思いをした場合ももう一度同じ体験をしたいがためにギャンブルにお金を使い続けてしまうこともあります。

対策としてはギャンブルの場に行かないという方法が有効ですが予定がなければいきたい衝動と戦うことになりますので友人や仕事、他の趣味と言った予定を埋めるようにします。

借金をしてしまう人の心理

880f22f2181937c5937e1a2ea7fe4437_s

何度も借りることで麻痺してしまう

借金を行う際は数万円からとある程度まとまった額を借りるかもしれませんが、これは一般的な会社員からしてみれば大きな額ですまた、利息についても現在は利息制限法がありますので過払い金がでるという事はありませんがそれでも借金についてくる利息についても大きな負担と言えます。

そのため、最初は借金をする時に金額の多さから借りることに対してかなり気にするものです。しかし次回の借金時はそんな感覚も前よりは薄れているでしょう。

こういった経験が続くとお金を借りることに対して、またその金額に対して感覚が麻痺してしまいます。結果、段々借金を行う機械がATMのように感じてしまい、貯金を下ろしているだけといった感覚になりかねません。

周りに言えない

借金をしてしまうことに罪悪感は感じ続けているがそれでも借りてしまう人というのは家族や友人に相談ができず一人で抱え込んでいる可能性があります。このような人は最初の借金をする時点で資金面に行き詰っている可能性があります。

そのため滞納し多重債務になりやすく人にもなかなか言えないため精神面でも負担は大きくなります。とはいえ知り合いにお金を貸してほしいと言ってしまっては借金とあまり変わりがなく借入先が変わっただけです。

このような場合は信頼できる知り合いに相談することで借金を返していく道を模索することを考えます。場合によっては自身が知らないだけで解決方法があり、それを知り合いが教えてくれることもあります。

もし周りに言えない場合は弁護士に相談するという方法もあります。弁護士への相談料は30分で5000円ほどかかりますがそれでも任意整理といった債務整理の解決策は見つかります。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧